夢をあきらめる前にやること

中学3年生で、チームのスタメンになれない。

だから、もうプロサッカー選手になれる可能性も低いので、サッカーを辞めたい。

 

現状に絶望する気持ちも理解できる。

だが、本当にお前はベストを尽くしたいのか?

 

夢を諦めることは、いつでもできる。

でも夢を追いかることは、いつでもできるものじゃない。

特にサッカー選手なら尚更だ。

 

お前が十分やりきったと思えるなら、次の道に進むのもいいだろう。

燃え尽きたんだからしょうがない。

だけど、心の中で煮え切らない想いがあるなら、もう少しだけ続けてみろ。

 

だだし、今までとは違うやり方で続けること。

まずは、チャレンジの質を変えてみろ。

 

やみくもな練習。

テンションだけの練習を今すぐやめろ。

もっと計算した練習をしろ。

 

はっきり言うが、ベンチからスタメンになることは簡単だ。

ほとんどの場合、自分の弱点が克服できればスタメンになれる。

 

お前のウィークポイントはなんだ?

トラップか?

キックか?

スタミナか?

 

まずはそれを克服しろ。

自分のウィークポイントから目を背けていけない。

 

完全に克服しろとは言っていない。

チームの基準に届くレベルまで上げればいい。

 

物事が上手くいかない場合は、現状分析がでいてない。

もしくは、分析できているのが、その分析が間違っている。

そのせいで間違った練習を繰り返し、結果が出ない。

の繰り返しになっている可能性がある。

 

そんなに悲観的になるな。

まだまだお前は上手くなれる。

そのためには、今の現状を分析して、それを補えるトレーニングをすればいいだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アスリートメンタルコーチAKI

海外プロサッカー選手→前十字靭帯断裂→引退→柔道整復師→パーソナルトレーナー→メンタルカウンセラー→スポーツコーチング