目標がなかなか達成できない…。自分の分析はちゃんとできいますか?

こんにちは、アスリートコーチのAKIです。

「サッカーコンサルティングに申し込もうと思っていますが、実際に上手くなるのでしょうか?」

という、ご相談を頂いたのでお答えしたいと思います。
 
  
 
サッカーコンサルティングの内容が、どのようなものかがわかりませんが、

どんなサービスを申し込むにしても、自分の目的とサービスの内容がマッチしていることが重要です。
 
  
 
多くの人はサービスを受けると、サービスを受けた分だけ、上手くなれると考えています。

例えば、ご飯を頼めばお腹がいっぱいになる。

物を買えば、物が手に入るなど、サービスを買うことで、それが手に入ると考えています。
 
  
 
先ほどの例は、お金と物を交換していますが、コンサルティングなどは、やり方と知識が手に入ります。

やり方と知識の内容が、自分の求めているものであれば良いですが、そうでない場合は大きな問題になってしまいます。
 
  
 
「サッカーが上手くなるサービスなのだから、サッカーが上手くなるんだから良いのでは?」思うかもしれませんが、
 
サッカーが上手くなるといっても、何がどう上手くなるのかが重要です。

わかりやすく言うと、自分に何が足りないのかを理解して、その足りないところを補えるサービスなのかが重要です。
 
  
 
私のクライアントの例を出してご説明すると、ドリブルが上手くなりたいと思い、ドリブルの技術スクールに通っていお子さんがいました。

2年間ドリブルスクールで腕を磨いていましが、なかなか試合では結果が出ませんでした。
 
  
 
ドリブルスクールの中でも、ドリブルは上手い方なのに、一体何が悪いのか?

それを見つけつために、私のアスリートコーチングを受けたところ、

本当の問題は、ドリブルではなく、判断力に問題があることがわかりました。
 
  
 
ボールを運べる力はあるが、シュートを打つべきなのか、パスをするべきなのか?

そこの判断が遅いせいで、ドリブルが取られていました。
 
  
 
本人的には、ドリブルがうまくなれば取られないという概念があったので、

ドリブルは上手くなれば全て解決すると思っていましたが、

実際は、ドリブルからシュートやパスをする判断の問題でした。
 
  
 
それがわかってからは、周りを見ることや、顔を上げてドリブルをするなど、

判断力を意識した練習をすることで、自分の納得のいく結果がついてきました。
 
  
 
このように結果だけを聞けば、そんな簡単なこと誰でもわかるのでは?と思いますが、

人は他人のことは、客観的に見えますが、自分のことになると、見えなくなるのです。
 
  
 
ですので、常に俯瞰して自分を見るとことや、明確な目標設定、それの現実や理想のギャップ、その解決方法などを常に意識することです。

どうしても人は、変な思い込みをします。

それをいかに早く気づけるのか?修正できるのか?が、重要になってくるので、なかなか成果が出ないと悩んでいる方は、一度自分を俯瞰してみることをお勧めします。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アスリートコーチAKI

海外プロサッカー選手→前十字靭帯断裂→引退→柔道整復師→パーソナルトレーナー→メンタルカウンセラー→スポーツコーチング アスリートの基礎となる『メンタル・フィジカル』を鍛え、ベストパフォーマスが発揮できる体を作りあげていきます!