メンタルが弱いのは生まれつき!?

こんにちは、アスリートコーチのAKIです。

「メンタルがもともと弱いですが、これは改善できるのですか?」

という、ご相談を頂いたのでお答えしたいと思います。

 

メンタルの弱さや強さは才能なのかということですが、

結論からいうと、メンタルは後天的に鍛えるものです。

ですので、才能とかではなく、トレーニングすることで、メンタルは鍛えられます。

 

そもそもですが、メンタルが強いとは何でしょうか?

基本的にメンタルが左右される場面は、自分の状況が悪い時です。

自分より強い敵にあった時。

自分が経験したことのない修羅場に遭遇した時。

このような時にどう思うかでメンタルの強弱が決まります。

 

よくメンタルが強い人と勘違いされている人がいますが、

チームで上手いからメンタルが強い訳ではありません。

実力があることは良いですが、自分が苦しい立場になる状況も経験もしていないと、メンタルは成長できません。

 

基本的に怖さや弱さはみんなあると思って下さい。

本能でみんな持っています。

あなただけが怖さや弱さを持っているわけではありません。

 

本当の問題は、怖さや弱さなどネガティブな感情を抱いた時に、どうやってポジティブな感情に変換できるかです。

変換の仕方は色々あります。

 

例えばシュートを外した場合は、外したことにフォーカスするのではなく、もう少しで点が入りそうだったと思うとか。

パスミスした場合は、ミスしたことに慌てるのではなく、足元じゃなくて裏に欲しいのかと考えるなど。

 

大事なことは、起こった出来事に対して、常に自分のミスや自分が悪いんだと思わないことです。

反省は試合後にすればいいのです。

試合中に起こる出来事は、常にポジティブに捉えて下さい。

 

そういう意味では、メンタルは生まれつきではなく、気持ちの切り替えの技術です。

切り替えさえ上手くいけば、あなたのメンタルは強くなります。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アスリートコーチAKI

海外プロサッカー選手→前十字靭帯断裂→引退→柔道整復師→パーソナルトレーナー→メンタルカウンセラー→スポーツコーチング アスリートの基礎となる『メンタル・フィジカル』を鍛え、ベストパフォーマスが発揮できる体を作りあげていきます!