中学でレギュラーだけど、高校でサブになる人の特徴

こんにちは、アスリートコーチのAKIです。

「中学生までは、レギュラーでしたが、高校になってからはずっとサブです。どうしたらレギュラーになれますか?」

という、ご相談を頂いたのでお答えしたいと思います。
   
   
 
中学生と高校生のサッカーはレベルが変わってきます。

特に体の成長スピードも徐々にみんな同じなるので、身体能力で差をつけるのが難しくなりますし、

守備が組織化されているので、中学生の時のような単独突破もやりにくくなります。
 
  
 
高校生でレギュラーになるために一番大事なのは、責任感です。

なぜ責任感が大事なのか?

それは個ではなく、集団で行動するようになるからです。
 
  
 
先ほども言いましたが、サッカーのレベルが上がるにつれて、組織化されていきます。

個人の能力には限界があるので、そこを組織でカバーします。
 
  
 
イメージしやすくいうと、守備の時に相手に二人つく場面があると思います。

一人は中を切り、もう一人はカバーに入る。

これが組織です。
 
  
 
この時に中を切る選手が、自分のミッションを全うしないで、簡単に中に行かれた場合、二人目の守備の反応が遅れます。

そしてその遅れが、チーム全体に影響し、失点します。
 
  
 
このようにレベルが上がれば上がるほど、個人でサッカーをするわけではなく、組織でサッカーをするようになります。

組織でサッカーをする場合は、自分のプレーに責任感を持たないといけません。

自分の役割を全うする力です。
 
  
 
中学生までは、自分の好きなことをしたり、自分のやりたいことをしていれば、評価されます。

なぜなら、自分の良さを伸ばそうする指導者が多いからです。

それは良いことですが、高校になるとより勝つことに重点を置くようになります。
 
  
 
そうなると、自分のやりたいことと、チームでやらなければいけないことの二つの仕事になります。

ですので、体や技術が伸びても、自分とチームの両方のタスクをこなせる選手でないと、高校ではレギュラーになれません。
 
  
 
ただそう難しく捉えないで、チームの約束事を守った上で、自分の個性を表現すればいいだけので、

今レギュラーでない人は、チームの約束事を理解し、実践すれば、またスタメンに戻れるので、ぜひやってみて下さい。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アスリートコーチAKI

海外プロサッカー選手→前十字靭帯断裂→引退→柔道整復師→パーソナルトレーナー→メンタルカウンセラー→スポーツコーチング アスリートの基礎となる『メンタル・フィジカル』を鍛え、ベストパフォーマスが発揮できる体を作りあげていきます!