小学校3年生ですが、腰をよく怪我をします…。

こんにちは、アスリートコーチのAKIです。

「サッカーをしている小学校3年生ですが、腰をよく怪我します。この間病院で分離症と言われましたが、何が原因でしょうか?」

という、ご相談を頂いたのでお答えしたいと思います。

 

近年では、小学生の試合のパフォーマンスはかなり上がってきています。

そのせいで、求められる能力も上がっています。

昔は100回リフティングができた凄いでしたが、今は1000回くらいが昔の100回くらいの感じがします。

また過酷な競争を勝ち抜くために、小さいころから、サッカースクールや練習をたくさんやる子も増えています。

ですので、怪我する年齢も小学校中学年(3〜4年生)くらいから多くなります。

 

怪我をする原因は、

✅体の使い方
✅筋力不足

など、色々あります。

怪我をしてしまうことは仕方ないですが、

ここで気にしなくてはいけないことは計画性です。

 

「計画性とはなんですか?」と思うでしょう。

トレーニングもそうですが、本当に実力をつけるためには、計画が必要です。

有名なサッカーインフルエンサーがしていた練習
チームで上手い子がしている練習
流行っている練習

など、行き当たりばったりの練習をしていると上手くなれませんし、

無理な運動を子供に押し付けてしまうと、怪我の原因になります。

 

正しい練習をするには、自分に何が足りてないのか?足りているのか?を理解することから始めます。

そして、足りないところを補う練習内容を決め、実践していきます。

実践してできないところは、さらに深掘りして細かい練習をメニューを作ります。

そして1日や2日だけでなく、年単位で技術やフィジカルの習得を意識してみてください。

そうすることで、体に無理がかからず、効率的に自分を成長させることができます。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アスリートコーチAKI

海外プロサッカー選手→前十字靭帯断裂→引退→柔道整復師→パーソナルトレーナー→メンタルカウンセラー→スポーツコーチング アスリートの基礎となる『メンタル・フィジカル』を鍛え、ベストパフォーマスが発揮できる体を作りあげていきます!