【個人整体院、集客、リピート】質と量ではどちらを優先すべきか?

こんにちは、
一人治療院繁栄実践会の清水です。

今日は、質と量ではどちらが大事か?
について話していきたいと思います。

質と量…これはよく悩むところだと思います。

治療院でいうとホームページやチラシなどを書いた時に、

「完成度が低いからまだ出すのを止めようかな⁈」
「これくらいで出してみようかな⁈」
「これで出したら苦情がこないかな⁈」

など色々とあると思います。

結論からいいますと、

量をこなすことで、質が上がります。

天才以外は、回数をこなさなければうまくならない

最初からうまく書くのは難しいです。

一つの目安として、完成度が7割くらいを
目安にやってもらうといいと思います。

量とは、リリースをする回数です。
マーケットにたくさん出すことが大事です。

例えば、変なチラシを書いてしまったな…
変なホームページを書いてしまったな…
と思ってもマーケットに出してみることで反応があったりします。

この投稿のようにね笑

受け取る側の方もポストに入っているチラシを
一語一句間違えずに覚えているということはないと思います。

「そういえばこんなチラシがあったなあ…」
ぐらいの感じです。

7割くらいの完成度で、
どんどん出していく、
そして反応みる、
反応がなければ修正を加えて、
完成度・質を高めていく

というスタイルがオススメです。

まずは量をこなすことをメインとしてやってみて下さい。
そうすることで、自然とスキルがついて質が上がっていきます。

それでは!

開業する前に思い描いていた治療院経営が
できてない一人治療院経営者の方へ

☑患者様が集まらない…
☑患者様が定着しない…
☑何をどうやっていいのかわからない…
☑治療技術に自信がない…
☑売上が上がらない…
☑高単価治療をしてみたい…
☑短時間治療をしてみたい…
☑口コミを増やしたい…

もしこのようなお悩みがあるなら、

「一人治療院の売上を確実に上げる 32のマーケティング戦略チェックシート」を手に入れて実践してみて下さい。

上記お悩みを解決できる方法がきっと見つかります。

「一人治療院の売上を確実に上げる 32のマーケティング戦略チェックシート」を無料で手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。