世界規模で物事を考えているか?

ある日のミーティング

「清水君、このビジネスの大きさわかってる?」

「はい、わかっています。300万円くらいですよね?」

「違うよ!1億規模だよ!!」

「えっ?」

先日師匠とこんな会話がありました。

師匠は規模の大きな話をしていたんですが、

私はそこまでの規模とは読めず、

スケールの小さい話をしていたので、

なかなか話がかみ合わず、、、

で、

何がいいたいかというと、

その人のスケールで、伝わり方って

変わってきますよねってことです。

例えば、「これ美味しいね」

と言った美味しいは、

・そこそこ美味い

・普通に美味い

・めちゃくちゃ美味い

・死ぬほど美味い

のように何段階に分かれると思います。

ビジネスの話をしていても、

お互いの価値観によって、

話の規模の大きさは変わってしまいます。

私は一人治療院経営者なので、

月商300万円レベルなら、お金が動くイメージはできますが、

億稼ぐ人の感覚はわかりません。

むしろ、月にそんだけ稼ぐのは、

ハッタリだろと思ってしまうくらいです。

ですが、実際に会ってみると、

価値観、考え方の大きさに唖然とします。

常に世界規模です。

治療院経営だと、

地域レベル規模で終わってしまうと思います。

ですが、マーケットをいつまでも地域にしていると、

いつか飽和してしまいます。

現に、あなたの店舗の近くにも新しい治療院ができていると思います。

仮に今できていなくても、3年、5年後には、

今の数よりは多くなっていると思います。

要は、個人規模の店舗でもマーケットを広く考えて

ビジネスをしていかないと、

波に飲まれてしまうってことです。

一人治療院経営者が、世界をマーケットに選んでも

何にもおかしくなってことです。

もっと言えば、主婦や美容師、コンビニのバイト、

子供でも世界で勝負することができます。

「いや、それは言い過ぎでしょ!」

と思う方もいるかもせれませんが、

実際に世界で戦っている証拠があります。

なぜ世界で勝負できるのか?

そういう環境に入ればいいだけなんですね。

別にあなたにすごい能力がなくていいんです。

能力なんて高くてもしょうがない。

自惚れるだけだから笑

必要なのは、能力ではなく

チャンスを見極める目、

そしてそのチャンスに飛び込む勇気です。

人は何かと言い訳を作ります。

「今じゃない」

「まだやはい」

でも成功したいのはいつなんですか?

お金が欲しいのいつなんですか?

って質問したら、

「今、すぐ」

って絶対に答えるでしょ!笑

「だったら今すぐやらないと間に合わないでしょ」

ってことです。

あなたも今すぐ成功したければ、

今やるべきことを見つけ、

やるべき環境に勇気を持って飛び込んでみてください!

 

追伸

一人治療院経営者から世界規模の事業家として、今すぐ成功したい方はこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。