リピートのプロ

昨日は、女性パーソナトレーナーの方とお会いしていました。

なんと彼女の月の売り上げは150万円!

女性のパーソナルトレーナーで、

ここまで売り上げる人はなかなかいないでしょう。

「何か特別な器具を入れてやっているのか?」

と思われる方もいるかもしれませんが、

特殊な器具も無い、普通の設備(バランスボールやダンベル、ヨガマットなど)だけでの売上です。

もちろん、スキルも高いことは言うまでもありませんが、

彼女の一番すごいところは、

お客さんの心を奪うプロということです。

要はリピートの達人ってことです。

治療家でもリピートに困っている方は多いかもしれませんが、

「スクリプト通り読めるかな?」
「根本的に治したい人がいいな」
「ちゃんと話聞いてくれる人がいいな」

など、こんな考えをでしているようでは、

リピートを取るのは、100%無理です。

では、彼女は一体何を意識してリピートを取っているのか?

それは、

・目線
・立ち振る舞い

です。

「え?それだけですか?」と思うかもしれませんが、

これが重要なのです。

「提案する時に、どれだけ相手の目を見れているか?」

「普段からメリハリある立ち振る舞いで、どれだけ相手に自信のあるオーラを伝えられているか?」

これがポイントです。

当たり前ですが、回数券を提案する時に、

目線を相手に向けないのは変ですよね。

自信が無いそぶりを見せて、下ばかり見ていれば、

相手は「これは本当は買わなくてもいいものなんだ」

と思ってしまいます。

本当に相手に必要ならば、

自信を持って相手の目を見てアピールすることができるはずです。

また普段から、絶対的な自信を醸し出しているかも重要です。

猫背で、ヨレヨレの白衣で、ダラダラ歩いてる先生に自分の体を任せられか?

と言ったら、絶対に無理ですよね。

お客さんは、あなたを観察しています。

「HPと書いてあることが本当なのか?」

「この先生の言うことに嘘はないのか?」

それをはかる手段として、上

記のようなところを見て判断しています。

このように目に見えるテクニック(スクリプト)も大事ですが、

目に見えないテクニックも大事ということを理解してもらうと、

リピート率は100%上がるとおもいます。

見方を少し変えるだけで、

大きな成果を得られますよ!

 

 

追伸

一人治療家として、今後新しい生き方をしたい先生はこちらからお友達登録お願い足ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。