【治療業界はもう終わってる!?】

どうも、清水です。

メルマガ会員さんから質問メールを頂きま
した。掲載許可を頂いているのであなたにも
シェアしようと思います。

===
治療院業界はもう終わっていると思います。

こんなにたくさん治療院がある中で、差別化
を図ることは無理なのではないでしょう
か?

安い金額で、やっていくしか道はないので
は?と思っています。
===

まぁ、ごもっとも意見です。笑

業界が飽和していることは、あなたもご存知
だと思いますが、飽和しているのは、何も治
療院業界だけではありません。

どの業界にいっても飽和しています。
この先はもっと飽和していくでしょう。
だって人口が減っているのだから。

現状をどうとらえるかは、その人次第です。

もしあなたもネガティングに物事をとらえ
る癖があるなら、1つアドバイスしておこう
と思います。

それは、

「もっと1つのことに集中しろ!!」

と言いたいです。

私たちは、よそ見をよくします。となりの芝
は青く見えるではないですが、ほかのことが
良くみえます。

・あっちの治療技術の方が良さそうだ。
・あの人の方が良いな

でも実際やってみると、そうでなかったみた
いな経験ありませんか?

俺はあります、笑
これでは結果はでないです。

結果を出すためには、目の仕事に集中するこ
とが一番。業界やライバルが気になっている
のは、自分の仕事に集中してない証拠です。

ライバルをリサーチする時に、気にすること
は良いですが、自分の仕事(施術やマーケテ
ィング)をしている時に、他のことが気なっ
ているのは、最低です。

目の前の仕事に手中して下さい。

お客さんというのは、仕事ができる人のとこ
ろに集まります。仕事できない人には、頼ま
ないですよね?

で、多くの場合仕事ができない人なんてほと
んどいません。

じゃなぜお客さんがこないのか?

それは、成功をビビっているからです。お
客さんが来ることを怖がっていてはいけま
せん。

「お客さんがたくさん来たらどうしよう。」
「治せなかったらどうしよう。」
「広告にこんなこと書けないよ。」

など、怖がっていては人は集まりません。
マインドセットを変えましょう。

目の前の仕事、患者さんに集中する。
細部にまで手を抜かない
最短最速で終わらせる
終わりを見ない、今は見る
などを叩き込んで下さい。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。