【整体院集客リピート】結果を出す人と出さない人の違いとは?

こんにちは、清水です。

短期間で売上を上げるには、何をすればいいのか?

この答えを知っている治療家は多いかもしれません。

ですが、ほとんどの人が出来ていないことです。

1、短期間で売上を上げる秘訣

短期間でと言っても方法を知っているからと言って誰でも簡単にできるわけではありません。

1つ言えることは、

・楽してできるわけではない
・小手先のスキルやテクニックだけでは無理

ということです。

楽して成果を出すことは難しいです。

そもそも世の中に美味しい話はありません。

仮にあるとしても治療業界やあなたの所には、その情報は届きません。

では、何をすればいいのか?

答えは、リサーチです。

2、分析をどれだけしているか

治療する前に、痛みの原因を検査してから治療に入る治療家の方は多いと思います。

それと同様に治療院経営もまずは、自分の治療院の状態や他院の状態を正確に把握しておかなければいけません。

ほとんどの治療院経営者の方は、方法にこだわるばかりで、現状の分析ができてないんです。

ここでひとつ結果を出す人の特徴をご紹介したいと思います。

常に結果を出す人は、

「思いつきや感情で決断や行動をしない」

ということです。

「ギクッ!」と思う方もいるかもしれません。

自分の現状にあった方法を取り入れることが、最短で結果を出す近道です。

「やりたいからやる」「やりたくないからやらない」ではなく、必要だからやる。

ただこれだけです。

平常心をもって自分の治療院の弱点を分析してみてください。

では!

治療院経営者の方へ

☑️患者様が集まらない…
☑️患者様が定着しない…
☑️売上が上がらない…
☑️高単価治療をしてみたい…
☑️短時間治療をしてみたい…

もしこのようなお悩みがあるなら、

「治療の売上を確実に上げる 32のマーケティング戦略チェックシート」を手に入れて実践してみて下さい。

上記お悩みを解決できる方法がきっと見つかります。

「治療の売上を確実に上げる 32のマーケティング戦略チェックシート」を無料で手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。