整体院整骨院独立開業 【2020年】集客方法

整体院、整骨院の独立でスタートダッシュを決めるためには?

 

マガンダン アラウ!

 

どうも、AKIです!

 

本日お伝えするのが、整体院整骨院、独立開業集客方法についてです。

 

整体院や整骨院で、独立開業を目指している人は多いと思います。

 

しかし、ライバルが多いなど、不安を抱えている人も多いと思います。

 

ですので、整骨院独立開業集客法の動画見て頂けば、「独立開業で失敗しない方法」がわかるので、スタートダッシュをすることができます。

 

現役で開業してる先生でも、「自分のとるべき経営戦略」がわかり、集客のアイディアが増えると思うので、ぜひ見てください。

 

それでは行きましょう。

 

独立には2種類ある

 

独立開業には、2種類あります。

 

1つは、社会の問題解決を目的とした独立です。

 

治療が好きだからというよりは、社会の不(不安、不満、不信、不当、不具合、不確実、不道徳、不誠実)を治療で解決してことを考えて独立するやり方です。

 

考え方としては、「これを解決できれば商売になるのではないか?」という思考です。

 

簡単に言うと、「お年寄りが多いから、整骨院は流行るのではないか?」とニーズを探してから、事業を考える人です。

 

個人治療家よりは、分院展開されている先生にこういう思考は多いかなと思います。

 

次は、趣味や好きなことでマネタイズする独立するやり方です。

 

これは、治療が大好きって先生です。

 

自分のやりたいことや得意から事業を作る感じです。

 

「治療が好きだ!私はこれで飯を食べてくぞ!」という、自分の好きなことで、人の役に立とうとする思考です。

 

個人店舗の方は、この思考が圧倒的に多いのではないでしょうか?

 

これはどちらがいいとか悪いとはではありません。

 

自分がどっちの考え方なのか、知っておくいてください。

 

そてに合わせて、戦術を決めていくためです。

 

社会の問題解決を目的とした独立

 

社会の問題解決を目的とした独立した人は、世の中の不を集めないといけません。

 

世の中の不を集める

 

不がないと、ビジネスがスタートしないからです。

 

漠然と不を集めるにして、わかりにくいと思うので、こういうフレームワークでやってみるといいです。

 

まずは、プライベートとそれ以外に分けます。

 

分けたら、そこで不をリサーチしていきます。

 

ここでの不は体のことでなくてもいいです。

 

例えば、時間が足りないとか。

 

定時に帰れないとか。

 

結婚できないとか。

 

できるだけ多く集めてください。

 

そのあとに、その項目の中で共感する項目を見つけていきます。

 

一番多く共感された不に対して、何かサービスは作れないのか?と考えます。

 

例えば、プライベートで夜寝られないという項目に共感が多ければ、その項目で解決出来るサービスを作っていきます。

 

夜寝られないなら、不眠症の可能性もあるかもしれません。

 

自律神経の問題も隠れています。

 

内臓疲労も考えられるかもしれません。

 

そうしたら、不眠症関係のサービスを作ります。

 

今のはありきたりなので、少し難しい感じでいくと、友達ができないという項目に共感が集まったとします。

 

友達ができないのは、コミュニティや家族の問題が隠れています。

 

コミュニケーションを高める施術が出来るならそれでもいいですし、もう少し深堀して、容姿に自信を持たせるとか、発声を良くするとかそういう施術を行うことで、解決できる可能性があります。

 

目的と手段

 

大切なことは施術が目的ではないということです。

 

目的は不の解消です。

 

その手段が施術なのです。

 

そこを間違ってしまうと、差別化できずに、価格競争に巻き込まれて、廃業のリスクが多くなります。

 

独立開業で失敗しないためには、不を解決することを意識してください。

 

趣味や好きなことでマネタイズする独立

 

次は、趣味や好きなことでマネタイズする独立する方法です。

 

やりたいことと求めれていること

 

「好きなことだけでは飯が食えないぞ!求められていることをやるんだ!」

 

というフレーズを聞いたことがあるとおもいます。

 

よく耳にするのが、やりたいことと求められていることの間を見つめるといいと言われて、それを探している人がいると思います。

 

「自分のやりたいことは整体で、もとめられているのは、痛みの除去だ!よし!施術だ!」なんて考えてしまう人もいるでしょう。

 

それでは、最初から最後まで出てきたキーワードは施術なので、やりたいことと求めれていることが同じになってしまいます。

 

結論は、そんなにちょうどよく星は見つからないということです。

 

やりたいことをするためにやりたくないことをする

 

好きなことで独立するタイプに人に覚えて欲しいのは、もった簡単です。

 

やりたいことをするために全く別のことをやるです。

 

どういう意味なのかを説明していきます。

 

あなたがやりたいことは施術です。

 

しかし、求めれていることは、施術ではないのです。

やりたいことだけやっても人は集まらない時代なので、だからこそ求めらていることをして人を集め、そこからやりたいことを提案する流れが今のセオリーです。

 

例えば、あなたは施術したいくても、世の中はダイエットを求めている。

 

それであれば、一度、ダイエットの講座や食事会、教室などを開ききます。

 

そして、そこに集まった人たちに、ダイエットと施術の関係性を伝えて、施術を受けてもらうのです。

 

2段集客法フレームワーク

 

これもフレームワークに落とし込んでいきましょう。

 

赤枠はあなたがやりたいことです。

 

施術ですね。

 

Whoの場所はあなたの施術を受ける人です。

 

Whyはあなたの施術を受ける理由。

 

青の場所は、Whoが興味のあることです。

 

例えば、スポーツをしている人がターゲットとします。

 

膝を怪我して、早く試合に出たいからあなたの施術を受ける必要があるとします。

 

ここまではわかりますね。

 

次がその人は、他に何が興味があるのかをリサーチします。

 

スポーツしていますから、体の使い方や食事、筋トレ、ストレッチ、集中力の高め方などに興味あるかもしれません。

 

リサーチができたら、興味のあることで、集客します。

 

怪我をしない食事方法という教室を開いて、そこで集まった人に、体の重要性を説明し、施術を受けることで、さらに怪我予防になるということを伝えることができれば、あなたの施術を受ける確率は上がると思います。

 

相手の興味のあることを先に提供する

 

このように、いきなり施術を売っても売れない時代です。

 

それはあなたも気づいているでしょう。

 

まずは、興味のあるものを提供して、その次にあなたの売りたいものを売ってください。

 

そうすることで、独立開業で失敗しなくなります。

 

ぜひ一度試してみてください。

 

それでは、パアラム!

 

整体院整骨院独立開業 【2020年】集客方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手