【一人整体院、集客、リピート】体ファーストになろう

こんにちは、清水です。

 

今日は、

「体ファーストになろう」

について話していきたいと思います。

 

体ファーストとはどういうことかというと、

まずは行動をしようということです。

 

なぜこのような話をするかというと、

情報が多くなってくると、

行動がなかなかできなくなってしまいます。

 

情報が多くなれば、なるべくいい情報を選ぼうとします。

そうなると情報を選ぶことで満足して、体力を消費してしまいます。

 

いい情報を見つけてそれで終わりという形になってしまうと、

結果は出ません。

 

なので、まずは動くということです。

構えて、打って、狙えという感じです。

 

普通だと逆というか、構えて、狙って、打つだと思うのですが、

構えたら一つ打つということです。

その後にさらに微調整を加えて

狙っていくというようなイメージでいいと思います。

 

そうすることによって経験をたくさん得られます。

経験を多くしていないと、どんなに質のいい情報を手に入れても意味がありません。

なぜかというと、あなたの治療院や地域で効果があるものないものというのは、

結局のところやってみないとわからないということです。

 

なので、まずはやってみるということです。

その後に微調整をしていく。

 

構えて、打って、狙う。

こんなイメージでやってみると

結果は出やすいと思います。

 

まずは動くということを忘れずにやってみてください。

 

今日は体ファーストになろうについて話しました。

最後まで聞いてくださりありがとうございました。

 

開業する前に思い描いていた治療院経営が
できてない一人治療院経営者の方へ

☑️患者様が集まらない…
☑️患者様が定着しない…
☑️何をどうやっていいのかわからない…
☑️治療技術に自信がない…
☑️売上が上がらない…
☑️高単価治療をしてみたい…
☑️短時間治療をしてみたい…
☑️口コミを増やしたい…

もしこのようなお悩みがあるなら、

「一人治療院の売上を確実に上げる 32のマーケティング戦略チェックシート」を手に入れて実践してみて下さい。

上記お悩みを解決できる方法がきっと見つかります。

「一人治療院の売上を確実に上げる 32のマーケティング戦略チェックシート」を無料で手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。