フィリピンでは見た目が弱いと舐められる

マガンダン アラウ!

 

どうも、AKIです!

 

フィリピンに来て思ったことがあります。

 

それはガタイが良くないと舐められること。

 

これはマジで思う。

 

日本だと、比較的ヒョロヒョロが多いので、筋肉が無くても困らないが、こっちではマッチョをよく見かけるので、筋肉がないと劣等感を感じる。

 

 

海外は筋トレが盛んなので、体を鍛える文化がある。

 

だから、筋肉がある方のが当たり前だ。

 

フィリピン人の男性は細い人が多いが、アメリカ人やヨーロッパ人はガタイが良い。

 

あと、韓国も結構筋肉質が多い。

 

日本人は腹が出ている親父が多い。

 

 

せめて、韓国人には勝ちたい。

 

これでも高校の時は、「ボジノフ」と呼ばれていた。

 

 

要は筋肉質だったのである。

 

今はサッカーを引退して、太ってしまったが、最近はトレーニングして体を元に戻そうと思う。

 

先日、ナイトクラブに行った時、韓国人と肩が当たった。

 

 

本来なら、私のフィジカルで弾き飛ばしているところだが、りんご味のビールを飲んでいたため、少し酔っ払っており、踏ん張りがきかず、こちらが弾き飛ばされた。

 

 

屈辱だ。

 

そんなことが二度と起きないように、トレーニングをしようと決意した。

 

クリスチャンビエリと言われた頃の肉体を、今年の7月までには取り戻す!!

 

 

待ってろ韓国人!

 

それでは、パアラム!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手