患者さんから選ばれる治療院の5つのマインド

どうも、清水です。

前回は、「患者さんから選ばれない治療院の5つのマインド」
についてでしたね。

何個当てはまっていましたか?

当てはまってしても心配しないで!
改善すればなんの問題もないです。

今日は「選ばれる治療院の5つのマインド」についてです。

さっそくいきましょう!

===
先義後利
===
顧客の満足度を最優先し、利益は後からついてくる考え方です。

サービスの品質、顧客サポートは各治療院によって
テーマが違うと思います。

ですが、根底には「ホンモノ」の追求が必ずあるはずです。

うまくいかなくても、自分と向き合い、軸をブラさずに
「お客さんは何を望んでいるのか?」
「自分たちは期待に応えられているのか?」
に、全神経を集中させていきましょう!

===
揺るぎない経営理念
===
応援される要素を持っていると自然に繁栄していきます。
信念や柱となるものを持っているといいでしょう!

ブレブレな治療院には行きたくないですよね。

===
よく考えて、行動する
===
新しいことを始める時は慎重に行い、
手に入る可能な情報をできるだけ集めて準備をます。

そして、まずはやってみるという精神で動くのが良いでしょう!

===
粘り強さ
===
まずは、テスト、テスト、テスト。
数字と向き合うことが大事です。

いくら良い考え方を持っていても現場でそれが通じるわけではありません。
トライアンドエラーを繰り返す粘り強さが大事です。

===
1対1の気持ちを忘れない
===
初心の心を忘れないことです。

売り上げが増えてきても、DMや39レター、お元気ですか電話など、
相手に感謝の気持ちが生まれることやりましょう。

自然と、共感や感動が生まれる治療院を目指して頑張りましょう!
では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。