アドレナリンは誰に出してもらってますか?

どうも、清水(@shimizu)です。

 

ビジネスをする上で、自分でアドレナリンが出せるのは大きな強みだと最近感じます。

 

他人にアドレナリンを出してもらう人はいつまでたっても摂取される側です。

 

また他人にアドレナリンを出してもらう人は、何かを初めてもすぐに辞めてしまう傾向があります。

 

モノやサービスを買った瞬間が最高にアドレナリンが出ているので、そこからドンドン下がってしまうからです。

 

 
買う瞬間「よしやるぞ!」
⬇︎
作業する時「だるいな、こんなんで儲かるのか?」

 

こんな感じでドンドンやる気が無くなって辞めていきます。

 

逆に、自分でアドレナリンを出せる人は、仕掛ける側にいる場合が多く、物事を長く続けることができます。

 

才能や能力以前に、この問題をクリアできないと結果は出ないです。

 

コツコツやるというは、誰でもできそうだけど、誰でもできることじゃないってことです。

 

自分も、フィリピンでビジネスを作っている時は、最初は海外というキーワードにテンション爆上がりでしたが、毎月海外に行くのがだんだん面倒くさくなったりしてました。

 

でも作業を辞めることはしなかったので、ある程度形になったと思います。

 

キャッシュレスビジネスでお世話になっている花岡さんは、焼き鳥屋やエステ、金融、パチンコ屋など複数会社経営していて、最近は上場を目指して動いているとか。

 

どんだけ働くんだと思います。

 

きっとアドレナリンが出っ放しなんです。

 

いやいやでも自分で鞭を打てる人間、もしくは自分に鞭を打つのがデフォルトの人は結果が出るってことですね。

 

だから経営者はMが多いのかな(^ ^)

 

追伸

私が福岡のボスと一緒にやっているキャッシュレスビジネスに興味がある方はこちらのフォームからご連絡ください。
⬇︎
キャッシュレスビジネス詳細フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手