治療院・医者が知るべき成功する問診のポイントとテクニックを丁寧に解説

 

https://www.youtube.com/watch?v=0DoNlFW8wiE

 

こんにちは、清水です。

今日は、「問診編」について話していきたいと

思います。

 

そもそも問診をする目的とは、何でしょうか?

体の状態を知ること

ラポールを築くこと

主導権を握ること

以上の3つです。

 

問診のポイントしては、

ゆっくり話す

専門用語を使わない

オウム返し

などがあります。

 

問診中によくあることと言えばペースを乱され

てしまうことがあると思います。

 

あまりにも詳しく体の内容を話してくれるのは

いいのですが、マシンガンのように止まらない

人もいるかと思います。

 

そんな時のテクニックは、

「ちょっとまってください」

(書いている素振りを見せて)

「で、なんでしたっけ?」

といってください。

 

本当に重要じゃなければ、相手は喋るのを止め

てくれます。

 

また無口な人もいるので、できるかぎりはいと

いいえ以外の質問を相手にふってあげましょう。

 

どこがいたいですか?

だとここらへんで終わってしまうので、

どのように痛いですか?

 

など相手に考えさせる質問をぶつけてみましょ

う。こちらの質問の仕方が悪いと会話が詰まっ

てしまうので、気をつけましょう。

 

とにかく問診では主導権を相手に渡さないこと

が重要です。相手のペースに巻き込まれないよ

うに気をつけてください。

 

今日も最後まで聞いていただきありがとうござ

いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。