損をするのはいつもお客様

おはようございます!

ビジネスをしていると、売上と言う数字で判断されまよね。

多いと凄い、少ないとショボい。



でも、あなたの売上が少なくて、困っているのはあなたではありません。

あなたのお客様が一番困っています。



「まともな事業投資をしたい。」

「継続収益が手に入る金融商材を売りたい。」

「健康な体を手に入れたい。」

など、商品とかサービスが無くて困るのは、常にお客様なんです。



売上が上がらない時は、落ち込んでしまうと思いましすが、そういう時はこう思ってください。

『自分のサービスを買えなくて困っているお客様は誰だろう』と。



サービスを開発したり、それを知ってしまったら、お客様に届ける義務があります。

そんな義務ないよと思う人は、ビジネス向きではないかもしれません。



サービスが溢れている時代だからこそ、強い信念や責任がある人が、生き残っていくような気がます。

落ち込んだ時は、まずはお客様のことを考えて、モチベーションを上げて見てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では決済プラットフォーム、デシダルサイネージ事業 ◆元シンガポールプロサッカー選手