何かが足りない時こそ、感覚が研ぎ澄まされる

おはようございます!

コロナで自粛モードですが、僕たちビジネスマンには休んでいる暇などありません。笑

ネットワークビジネスや詐欺ではない、不労所得を作ると決めてから行動を積み重ねて来て、チラホラ収入が入って来ました。



話は変わりますが、ビジネスをしていると。「時間がない、お金がない、人がいない、経験がない」と泣き言を言う人がいますが、ちょっと待ってください。

ピンチには、チャンスが隠れています。



映画の脱走シーンを思い出して下さい。

全く物がない状態から、アイディア一つで、武器や道具を作り上げます。

決して恵まれている環境ではありません。

しかし、だからこそ普段は思いつかないような、アイディアが生みだされます。



みんな何かを始める時は、何かが足りない状態で始めます。

僕も治療院を開業した時は、チラシを大量に巻いて、口コミをしてくれるきっかけとなるお客さんを集めました。



何が言いたいのかと言うと、成功するためや何かを始める時は、たくさんの資金や人材は必要ありません。

自ら考えなければいけない環境を作ることで、最小限の投資で最大限の成果を期待することができます。

「~が足りない」と嘆く前に、「今の状況で何が可能なのか」ということに、フォーカスするといいです。


━━━━━━
▼ 追伸 ▼
━━━━━━

「時間がない、人がいない、経験がない」でも権利収入は欲しいと言う方は、こちらもご確認下さい^_^

https://lin.ee/KoGyovb
※ご登録者プレゼントで、『知って良かった!知って得する! 投資の基礎知識』の資料を差し上げております!
※こちらはキャッシュレス専用LINE@なので、こちらから情報を送ることはありませんのでご安心下さい^_^ㅤㅤㅤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では決済プラットフォーム、デシダルサイネージ事業 ◆元シンガポールプロサッカー選手