投資に失敗する人は経営者目線でいるのが原因!?

おはようございます!

フィリピン株では、トヨタフィリピンを傘下に抱える大手財閥GTCAPの価格が、非常に株安となっていますね。

暴落の背景には、コロナや「完成輸入車に関する関税」もあるかもしれません。

今後どういった流れになるのか注目です。

投資をする際は、情報集も大事ですが、一番大事なのでは、事業家目線になることです。

今日は、「事業家目線と経営者目線の大きな違い」についてです。



「経営者も事業家も一緒じゃないの?」

と思うかもしれませんが、

経営者は売上を作ることがゴール。

事業家は、事業を完成させることがゴールです。

何が言いたいのかと言うと、投資をする際は、いくら貰えるかとことよりも事業が完成する力があるのか?という視点を持たないといけません。



経営者は、いくらの売上、いくらの利益という視点を持っています。

これは悪いことではなく、当たり前のことです。

しかし、事業を成功させるためには、ゴールから逆算しないといけません。

今も大事ですが、今が未来に繋がっているのか?

今のための今(自転車操業)ではなく、未来のための今でないといけません。



「今のための今」の視点が強いと、詐欺に騙されます。

「いくら入ってくるのか?」
「儲けはいくらなのか?」

ここばかりみていると、簡単に詐欺に騙されます。

なぜなら、詐欺をする人は、ここばかり見る人をカモにしているので、自然とリターンの部分に力を入れます。



「未来のための今」を見ていると詐欺には騙される確率は減ります。

「事業が完成するためには、今何が必要なのか?」
「やっていることはあっているのか?」

そう言う視点から見ると、この会社は長く続かないなということがわかります。

労働収入ではなく、権利収入が欲しいと言う方は、仕事をただ単に変えるだけでなく、思考や考え方も変えるといいかもしれません。


━━━━━━
▼ 追伸 ▼
━━━━━━

事業家目線で、権利収入を手に入れたい方は、こちらもご確認下さい^_^

https://lin.ee/KoGyovb
※ご登録者プレゼントで、『知って良かった!知って得する! 投資の基礎知識』の資料を差し上げております!
※こちらはキャッシュレス専用LINE@なので、こちらから情報を送ることはありませんのでご安心下さい^_^ㅤㅤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では決済プラットフォーム、デシダルサイネージ事業 ◆元シンガポールプロサッカー選手