ちゃんと使えば時間はいくらでもある

今日から大阪です。

コロナになってから移動できる喜びを噛み締めています。

今のところフィリピンに行ける目処は立っていないですが、国内でできることは今年中には終わらせていきたいです。

今日は、「ちゃんと使えば時間はいくらでもある」についてです。



人は常に新しいことに挑戦したい、と心では考えていますが、実際に新しいことにチャレンジをしている人は、ほとんどいません。

なぜチャレンジしたいのにチャレンジできないのか?

その理由の90%は「時間がない」です。



「筋トレしてダイエットしたい…」

「本やオンラインサロンで学んでみたい…」

「事業を起こしたい…」

でも時間が無いからできない。

これがみんなの本音です。



しかし、1日は24時間あります。

ちゃんと使えば時間はいくらでもあります・



新しいことを始めたいからといって、仕事を辞める必要はありません。

電車の中や家で、テレビやオンラインゲーム、SNSを見る時間があるなら、その時間にアイディアを考えたり、誰に会いにいったりする時間に使えばいいのです。



もし夜10時に寝ているのであれば、寝る時間を1時間遅くしてください。

毎日少しずつの時間を取り、一週間の合計時間を確保するイメージです。



何か新しいことを始めるには、そのぐらいの時間で問題ありません。

いきなり大きな時間をとると、結局やった後に、これは合わないとなった時に取り返しがつきません。

ちなみに本当にやりたことを見つけたら、他の事より優先をして時間を作るといいです。



僕もそうですが、人間は、自分のメンツを保つために「時間がない」と言い訳をします。

これは本能なのかもしれません。

しかし、そんな言い訳はしないでください。



目的を達成するために、ピッタリな時期は訪れません。

人には、「若すぎる」「年を取り過ぎている」「忙しすぎる」「私生活のトラブルがある」「または他の理由」など、いつも何かしらの障壁があります。

逆を言えば、完璧なタイミングなんて、無いのかもしれません。

平等に与えられている「1日が24時間という環境をどう使うのか?」この時間の使い方が、別れ道かもしれません。


━━━━━━
▼ 追伸 ▼
━━━━━━

不労所得を手に入れるために、少ない時間で最大限の努力ができる方は、こちらもご確認下さい^_^

https://lin.ee/KoGyovb
※ご登録者プレゼントで、『知って良かった!知って得する! 投資の基礎知識』の資料を差し上げております!
※こちらはキャッシュレス専用LINE@なので、こちらから情報を送ることはありませんのでご安心下さい^_^ㅤㅤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では決済プラットフォーム、デシダルサイネージ事業 ◆元シンガポールプロサッカー選手