3つの約束事を徹底する

僕は、ビジネスや自分のレベルアップをしたい時は、必ず3つの約束事を徹底しています。

1つめは、「知っているという心を捨てる」ことです。

今の世の中は、情報がとにかく多い。

だからある程度の情報は、みんな知っています。

しかし、多くの人は知っているけどそれを活用できていません。



誰かに何かを聞く時、「あぁ、知っているな、それ。」と脳で思ってしまいます。

これがあなたのレベルを下げて、進化を止める原因になります。

この話をした瞬間に、「あぁ、知っているな、それ。」と思っているかもしれません。

そのくらい人の話を素直に聞くのって本当に難しいです。

どうしても自分のフィルターが入るからです。

ですので、知っているという心を捨て素直な気持ちで人の話を聞くことは大事です。



2つ目は、「10年以上成功している人の話を信じる」ことです。

世の中には、少しだけ成功しただけで、成功本を出したりセミナーを開く人がいます。

それはビジネスとして良いことですが、あまり話を聞きすぎると、退化する場合もあります。



最近の本の内容は、「自分はこうやってうまくいきました!その方法を教えます!」のような80%が自慢話です。

参考事例になるかもしれないが、人の自慢話を聞いても仕方がありません。

セミナーもほとんどが、バックエンドを買ってもらうためのセミナーで、有益なセミナーをしている人はほとんどいません。

だから僕は最近は全然セミナーに参加しないです。



その代わり、その道で10年以上成功している人の話は、よく聞くようにしています。

そう言う人の話には、原理原則があります。

たまたまこれをやったから成功したではなく、その業界の原理原則。

やり方は時代によって変わるけど、原理原則は変わらないので、そこを学ぶことの意味は大きいです。



3つ目は、初心を忘れないことです。

これも知っていると思うかもしれませんが、ほとんどの人が忘れてしまいます。

成功していくと、初心を忘れます。

一番大切なのは、身近な人の声を無視しないことです。



成功するとほとんどの人は身近な人を遠ざがちです。

なぜなら、自分のだめな時を知っているので、無意識的に遠ざけてしまうのです。

しかし、お客さまは常に初心者です。

初心者の気持ちや友人の声、お客様の声を忘れないようにすると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では決済プラットフォーム、デシダルサイネージ事業 ◆元シンガポールプロサッカー選手