環境が良いってなんだろう?

よくDMで、

「僕のチームは環境がいいです!」
「周りには良い人が揃っています!」

と言う、内容の案件のお誘いを受けるのですが、

「良い」とは、何を基準に言っているのかなと思います。



ビジネスをしているのであれば、結果だと思いますが、ほとんどの場合は、あなたに長く環境にいてもらいたいために作られた結果の出ない偽物の環境です。

こういう環境は、マルチやオンラインサロンやコンサルティングに多いです。



なぜなら、下の人がやめれば自分の収入がなくなるからです。

だから、結果で出るよりも長くその場に留めようとします。(そもそも詐欺なので結果なんか誰も出していない)



周りが優しくサポートしてくれる。
→優しいだけで、ただの馴れ合いの環境。変に仲が良いのでやめづらい。物販系のMLMに多い。

すごい人が周りにいます。
→すごい人がいるだけで、周りは誰も結果が出てない。コンサルティングのMLMに多い。

1から10まで丁寧に教えてくれます。
→そこら辺のネットにある情報をそれっぽく言っているだけ。教えてくれる人も結果は出てない。教育系のMLMに多い。

収入が上がります。
→PCの画面上で数字が増えているだけ、もしくは仮想通貨払い。ただのポンジ。ビジョン系や仮想通貨MLMに多い。

ノルマや初期費用がないです。
→そもそもそれはビジネスではない。初期費用やノルマが嫌ならわざわざビジネスをする必要はない。



たいだいの謳い文句の真実は「→」に書いた通りです。

ビジネスをしているのかビジネスごっこをしているのか?または詐欺をしているのか?

ビジネスをするやる理由はなんなのか?

そこが明確でないといつまでたっても結果は出ないので、一度考えてみるといいと思います!

追伸


私の師匠と一緒に、日本で一番力を入れているのがキャッシュレスビジネスです。

2023年までに、このビジネスを完成させる予定です。


内容としては、クレジットカードや電子マネー、仮想通貨、オリジナルポイントカードが使えるクレジット端末を設置して、カード使用手数料をもらう事業です。

もちろん、ご自身で経営されている店舗にも使えます。(ネットワークビジネスではありません。)


興味のある方は、こちらをご覧ください。
⬇︎
キャッシュレスビジネスの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手