仕掛ける側にならないとあほになる

世の中は、仕掛ける側と仕掛けられる側に別れています。

言い方をマイルドにすると、サービスを作る、売る側とサービスを利用する側です。

どちらが儲かるのかと言えば、当然サービスを作る、売る側です。

で、サービスを買う側は、基本的にだんだんアホになります。



サービスを売る方と言うのは、いろいろ考えています。

どうやったらお客さんに伝わるのか?

どうしたらみんなの悩みが解消されるのか?

成約率を上げるためにはどうすればいいのか?

など。



しかし買う方はあまり考えていません。

考えるのが面倒なので、わかりやすく、効果のありそうな物を買います。

「そんなことない!」と思うかもしれませんが、なんとくなくYouTubeを開いて、なんとなく目に止まった物を、何となく見て、いつも間にか商品を買っているという経験をしたことがあると思います。

そこに明確な意図はなく、理由もありません。

ただ思いつきで買っているだけです。

潜在意識で買い物をしています。



賢い人達が、わざと難しくしている税金と同じで、買う側の人間は、頭も使わずに分かりやすいものを買っているだけです。

最近あった投資詐欺も、思考停止の人を狙っていました。



自営業や会社経営が苦しい。

今の仕事ではお金が増えない。

将来が不安だ。

そんな思いをしているが、何をしていいのかわからない思考停止の人たちに、儲かると言う餌を落として、おびき寄せて、ネット上で数字だけを動かして、お金が増えた気にさせて、最後は餌ごと消えてしまいます。



だからサービスを売る側、仕掛ける側になった方が儲かります。

とはいえ、儲かりたいから仕掛けるのもいいですが、一番は、サービスを受ける側の問題を解決できるモノを提供することです。

そうじゃないと、世の中がどんどん不幸になり、いつか自分に返ってきます。

自分のサービスは本当に世の中を良くしているのか?を一度考えて見るといいです^ – ^

追伸


私の師匠と一緒に、日本で一番力を入れているのがキャッシュレスビジネスです。

2023年までに、このビジネスを完成させる予定です。


内容としては、クレジットカードや電子マネー、仮想通貨、オリジナルポイントカードが使えるクレジット端末を設置して、カード使用手数料をもらう事業です。

もちろん、ご自身で経営されている店舗にも使えます。(ネットワークビジネスではありません。)


興味のある方は、こちらをご覧ください。
⬇︎
キャッシュレスビジネスの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では決済プラットフォーム、デシダルサイネージ事業 ◆元シンガポールプロサッカー選手