カモか?カモ以外か?

昨日、僕のところにある仮想通貨案件が飛んだというメールが来ました。

興味がないので、どうでもいいですが、高配当を毎月出していたら、それはいつか飛ぶのは当たり前の話です。



一緒にやりませんか?とDMが来ますが、まずやらないです。

たまに返信して、「そんな高配当ありえなくないですか?」と質問すると、「私も怪しいと思って、いろいろ調べたんですが、実際に配当が出るんですよ」と真剣に語ってきます。

こういう風に言う人は、一体何をどう調べたのか不思議に思います(・Д・)



多分、決算書と事業計画書とか読めなかったり作れない人です。

お金の流れがわからないんだと思います。

取引画面とか通帳とか確定申告書とか見せられて、「本当だ!」と信じてしまうタイプです。



僕もIPO(未上場仮想通貨)で痛い思いがあります。

数千万円かけて、戻ってこないです。



会社が飛ぶ時って本当に上手いです。

確か、そのコインも、年末にアメリカの超有名女性歌手が来日して、パーティーを開いていました。

僕もこんな有名な人が来るんだから、間違いなく本物だ!と思ってました笑



人生勝ったと思って年を越した後に、急にそのプロジェクトが異変が起きました。

連絡が取れなくなる。メンテナンスが多くなる。事業計画から大幅に遅れ始める。

そして、ある時に運営が変わり、そこから何もなくなってしまいました。



潰れているわけではなく、まだ運営はしているそうです。

潰れていはいないから詐欺ではないとのこと。

うまくできていますよね。



潰す前提の会社は、一番いい時に潰します。

店舗のようにお客さんが少なって仕方なく潰すわけではないので、潰れ方が全然違います。



これは口で言っても理解されないでしょうから、一度ご自身で体感すると僕の言っていることがよくわかると思います。



投資をする際は会社をよく調べることです。

契約書やクーリングオフなど絶対に確認しましょう。



ちなみに日本のマルチに関する法律は、損害賠償請求権は運営ではなく紹介者にあります。

騙されて訴えたい人は、紹介者からのラインやメールのやりとりを保存しておくと良いかもしれません。

だから安易に紹介や参加はしない方がいいです。



色んな業界で投資詐欺は流行っています。

僕のいる治療業界も数年前から流行っていますが、散々煽って人を集めていた治療家やコンサルのSNSアカウントは、見事に退会しているか、アクティブではなくなっています。

逃げ切り成功というところでしょうか。



治療院経営がうまくいってなくて、そんな時にお金を入れた毎日自動でお金が増えていたらエキサイトするのはしょうがないことです。



しかし、ゼロサムゲームのようなお金儲けをしていると、心が淀んできます。

誰かが喜んで支払ったお金ではなく、誰かが悔し涙を流したお金で、お金持ちになっても気持ちよくないと思います。



断定はできませんが、仮想通貨での入出金、海外に本社がある、国内の会社の表記が株式会社ではなく合同会社になっているなど、こういう場合はだいたい裏があります。

なぜ海外に会社あるのか?など考えてみるのも勉強の一つです(^ ^)



20代で詐欺に合うのは仕方ないですが、30、40、50代で、なおかつ経営者が詐欺にあうのは、ちょっとダサいです。

いい歳こいて、1年単位でビジネスをコロコロ変えていると、マジで信用無くします。

もちろん新しいことにチャレンジすることはいいですが、案件が潰れたから変えるのはカッコ悪いです。



真面目に働いていれば、良い人脈や良いビジネスに普通に出会えます。

お金儲けよりも人から感謝されてお金をもらえるビジネスに取り組んでみると詐欺に合う確率は減ると思います(^ ^)

 

追伸

私の師匠と一緒に、日本で一番力を入れているのがキャッシュレスビジネスです。

2023年までに、このビジネスを完成させる予定です。

 

内容としては、クレジットカードや電子マネー、仮想通貨、オリジナルポイントカードが使えるクレジット端末を設置して、カード使用手数料をもらう事業です。

もちろん、ご自身で経営されている店舗にも使えます。(ネットワークビジネスではありません。)

 

興味のある方は、こちらをご覧ください。
⬇︎
キャッシュレスビジネスの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では決済プラットフォーム、デシダルサイネージ事業 ◆元シンガポールプロサッカー選手