マジでやれ

今年も残り100日を切りました。

ラストスパートですね。
 
 

 

今年はコロナもあり、こういうピンチの時に経営者の力は試されます。

とは言え、何か活気的なことをするのではなく、「経営に本気になれ」ってことです。

副業や経営など、テクニックはそこまで重要ではありません。

もちろん知っている知らないの差は大きいですが、塾やオンラインサロン、コンサルをつければ、情報は比較的簡単に手に入りますし、やっている内容というのは、ほとんどみんな同じだと思います。

 

 

しかし、そこに何かの差ができて、儲かる人と儲からない人に別れてしまいます。

その差は、【本気度】です。

 

 

これが低い人は、

・全然うまくいきません

・どうしたらいいか分かりません

・もう八方塞がりです

とよく言います。

 

 

ガチの話、結果出している人とって、全然こんなこと言いません。

上記の言葉を発する人は、決断できていません。

やる気も行動量も中途半端ってことです。

 

 

すべてがうまくいく方法があるとしたら、

マジでやる

です。

 

 

本気でやったら何もかも上手くいかないわけありません。

結果でないのは、本気で向き合ってない証拠です。(中途半端が一番辛い(T-T))

そろそろ本気を出しましょう!

でないと、来年も同じ結果になってしまいます(^ ^)

 

 

追伸

私の師匠と一緒に、日本で一番力を入れているのがキャッシュレスビジネスです。

2023年までに、このビジネスを完成させる予定です。

内容としては、クレジットカードや電子マネー、仮想通貨、オリジナルポイントカードが使えるクレジット端末を設置して、カード使用手数料をもらう事業です。

もちろん、ご自身で経営されている店舗にも使えます。(ネットワークビジネスではありません。)

興味のある方は、こちらをご覧ください。

キャッシュレスビジネスの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では決済プラットフォーム、デシダルサイネージ事業 ◆元シンガポールプロサッカー選手