どこまで成功するのかを決める

仕事をしていく上で、成功するのか失敗するのか、この2択で考える人は多いです。

しかし、もしあなたが成功したいのなら、失敗という選択肢を捨てないといけません。

失敗のかわりに、どこまで成功するのか?という選択肢を持ちます。

 

 

このビジネスで、月に100万円の利益を得るのか、それとも月に1000万円の利益を得るのか?こうやって考えるといいです。

みじかな項目で例えるなら、この集客方法で、人は来るのか来ないかではなくて、月に10人来るのか、それとも100人来るのかという、選択肢を持ちます。

 

 

ほとんどの人は、失敗してしまうのか?それとも成功するのか?と考えますが、これでは、失敗も選択肢に入ってしまいます。

 

 

悪い部分を見るなという話ではありません。

悪いところは修正しないと成功しませんから。

 

 

そうではなく、悪いところは修正していくわけですから、成功するのです。

ということは後は、どれくらいの成功をしたいのかを決めることで、行動量やスピードが変わってきます。

 

 

失敗が選択肢に入っている人は、行動量やスピードが少ないです。

なぜなら、失敗したくないからです。

やればやるほど、失敗するリスクは上がって行きます。

だから、行動したくないのです。

 

 

一方、成功したい人は、ここまでいくには、こういう課題とこれくらいの数字を出さないといけないので、そこまで早く到達しようと思います。

その結果、行動量やスピードが増えていきます。

 

 

言われてみれば当たり前ですが、成功するなら、成功したいのなら、まずは失敗するという選択肢を捨てることが大切です(^ ^)

 

 

追伸

私の師匠と一緒に、日本で一番力を入れているのがキャッシュレスビジネスです。

2023年までに、このビジネスを完成させる予定です。

内容としては、クレジットカードや電子マネー、仮想通貨、オリジナルポイントカードが使えるクレジット端末を設置して、カード使用手数料をもらう事業です。

もちろん、ご自身で経営されている店舗にも使えます。(ネットワークビジネスではありません。)

興味のある方は、こちらをご覧ください。

キャッシュレスビジネスの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA