多数派という高い壁

多くの人が間違っていること。

 

それは、大体の人(私も含めて)は、多数派が正しい思ってそっちのほうに向いてしまうこと。

 

自分は違うと思っている人でも、自分が属しているコミュニティの意見に左右さています。

 

例えばマクドナルド。

 

健康関係の仕事をしている人なら、誰もが体に悪いと分かっている。

 

しかし、間違いなく食べてしまう。

 

みんなが食べているから、私も大丈夫。

 

そんな風に思ってしまいます。

 

投資やビジネスもそう。

 

みんなが最近物販を始めたからやる。

 

MLMが流行っているからやる。

 

こんな感じで、やっている限り少数派にはなれない。

 

別に少数派になれというわけではないですが、自分で自分のライフスタイルを定義できないと、いつまでたっても、人の言うことに納得や関心ばかりして、自分の軸を持てないです。

 

自分の軸を持てないと言うことは、人の夢を自分の夢と勘違いして目的を達成した時に何か違うなと感じます。

 

そうならないよう、自分が夢中になれることを見つけましょう。

 

たとえそれが少数派でも(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手