不動産投資より優れているローリスクミドルリターン案件

フィリピンの不動産投資は絶不調ですが、キャッシュレスは絶好調です。

 

キャッシュレスビジネスは、投資と同じで、お金を増やしてくれる資産をいかに増やすことができるかがポイントです。

 

不動産で例えると、普通は老朽化やライバルマンションの出現で資産価値が下がるとか、住人が入らないとか時間が立てば立つほど、トラブルが増えることがあります。

 

また不動産投資だと、数百万から数千万円、ビルなら数十億円の費用がかかりますが、それに比べるとキャッシュレスは、破格の安さです。

 

キャッシュレスビジネスの面白いところは、時間が経てば立つほど価値が上がっていくところです。

 

1回買ったら契約期間が終わるまでは放置でも収益を生み続けてくれます。

 

放置と書くと怪しいかもしれませんが、メンテナンスは会社がしてくれて、オーナーの私たちは何もしなくても良いということです。

 

こういう硬い投資を一つでも持って置くと、心強いです。

 

投資というと、未来のためにすると思っている人が多いですが、本来は今のためにすることが投資です。

 

投資して、未来に確実性を持たせることで、今の自分の好きなことに集中できます。

 

だから投資をしないと、未来が不安で、今の不安を解消するだけで終わってしまうパターンが多いです。

 

最初のうちはそれでもいいかもしれませんが、ある程度の資金が溜まってきたら、自分のやりたいことに集中できる環境を作るために投資をするといいかもしれません(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手