価値を深く考えているか?

お金は価値のあるところに集まるというのは、あなたもご存知でしょう。

では、私たちは何に価値を持つのでしょうか?

これを深く考えたことがあるでしょうか?



そもそもですが、お金自身に価値はないです。

ただの紙切れです。

お金とは、価値と交換できる紙とでも覚えておいてください。



もし、あなたがお金には価値があると思っていたら、お客さんの感じている、本当の価値を見抜くことはできません。

本当の価値を見抜くことができなければ、あなたは生涯貧乏なままです。

なぜなら、商品が売れないからです。

商品が売れなければ、投資もできません。

どの企業が伸びるのか?そのようなことも理解できないでしょう。

ですので、あなたがまず最初にすべきことは、価値のないものを見極める能力を身に着けることです。



僕の友人で同じ店舗経営者がいました。

彼は、あるネットワークビジネスにはまり、今までやっていた事業を全て辞めました。

彼は言っていました。

「お金が増えるか?増えないのか?それが一番大事だ」と。

個人の自由なので、それは悪いことではありません。

しかし、お金が増えるか、増えないかで投資先を選ぶ基準していてはいつか負ける時がくるでしょう。



あなたがお金に価値があると思った時点で、あなたのビジネスや投資は終わりです。

過去に僕も投資では痛い目に会いました。

その理由はお金に目がくらんでいたのです。

「どれくらい増えるのか?」

「どれくらい儲かるのか?」

「どれだけ得をするのか?」

お金を追い求めれば、お金に裏切られます。

失った金額は僕にとっては大きな額でしたが、いい経験をしました。

なぜなら、今後同じようなミスをしなくなるからです。

難しいかもしれませんが、お客さんの本当の価値を見抜くことを意識すると、ビジネスも投資もうまくいくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンで、マイクロレンディング、ケソン、マラテ不動産経営 ◆日本では決済プラットフォーム、デシダルサイネージ事業 ◆元シンガポールプロサッカー選手