プロとして適切な態度で接しているか?

こんにちは。清水です。

 

今日は「プロとして適切な態度で接しているか?」について話していきたいと思います。

 

あなたは、患者様に対して必要以上にペコペコしてご機嫌をとっていたり、本来ならば30分のところを40分やっているなど、下手に出過ぎていないですか?

 

やはり私たちは体を治すプロ、体の専門家という立ち位置でやっていますから、プロとして正しい立場、態度を取らなくてはいけません。

 

例えば、診察した時に、1回では治らない、これは半年ぐらいかかるなと思ったら、それを伝えてあげる。

 

ここで、「リピートしてもらえなくなるから」という心配をして、長くかかるものを「はやく治りますよ」と言ってしまったり、そのような態度をとってしまうと、結果的に自分自身の信頼を失う行為になります。

 

リピートしてほしいために、「早く治る」と言ってしまえば、治らなかった時にクレームがでます。

 

治るか治らないかうやむやな態度をとっていると、「この先生ははっきりしないな」と、認識され、離脱される原因になります。

 

つまり、いっけん患者様のためだと思いっている行為が、実は患者様の信用を失う行為になっているのです。

 

ですので、まずはプロとして、いわなければいけないことは、必ず伝えることです。

 

とは言っても、「それができたら苦労しないよ」と思うかもしれません。

 

どうしたらプロ意識がでるのかというと、気持ちの持ち方です。(笑)

 

「それだけ?」と思うかもしれませんがそれだけです。

 

治療技術が上がったとか、そういうので自信がつくわけではありません。

 

私も開業当初は、「なるべくリピートしてもらうにはどうすればいいのか」という下心丸出しでやっていましたが、今は、自分の中でできる最大限の結果を伝えているだけです。

 

これだと自分にストレスがないので楽ですし、自然体の感じがかえって患者様に信頼を与えていると思います。

 

ですので、あなたも変なことは考えないで、「かかるものはかかる!」「通わなければ治らないものは治らない!」という感じで問診してみて下さい。

 

背伸びをすると信頼を失います。

 

では、また。

 

売上が増えないと悩んでいる一人治療院経営者の方へ

☑️新規の患者様の数を増やしたい…
☑️お金の心配がいらない治療院経営をしたい…
☑️リピートを増やして売上を安定させたい…
☑️繁栄治療院の仕組みが知りたい…
☑️月商100万円以上売上げたい…

もしこのようなお悩みがあるなら、「月商100万円を達成する一人治療院の作り方」の無料動画セミナーをご覧ください。

上記お悩みを解決できる方法がきっと見つかります。

 

「流行る一人治療院の作り方」を無料で手に入れる

■■一人治療院実践会の目標■■

当実践会の目標は、『一人治療院経営で経済的自由と時間的自由、精神的自由を手に入れる』ことです。

当実践会の方針は、

『患者様に押し売ををしない』
『患者様にペコペコ営業をしない』
『専門家としての立ち位置を確立する』

一人でも多くの一人治療院経営者が、自由なライフスタイルを送れるよう、ためになる情報をお届けしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。