【一人整体院集客リピート】腰痛で自殺する人もいる

こんにちは。

一人治療院繁栄実践会の清水です。

 

今日は、

「腰痛で自殺する人もいる」

について話していきたいと思います。

 

ちょっと大袈裟なタイトルかと

思う人もいるかもしれませんが、

実際に自殺者の4割は

健康問題で命を落としている

というデータがあります。

 

治療院を長く続けていると、

いろいろな考え方の患者様と出会いますが、

本当に健康問題で悩んでいる患者様というのは、

あなたが思っている以上に

すごく悩んでいる場合があるということです。

 

結局体がなければ、

仕事もできない、

家族と過ごすこともできないなど、

いろいろなことを諦めなければいけません。

 

普通に生活するためにも

歩ける体やご飯食べられる体というのは、

必須です。

 

なので、私たちはただ治療をすることも大事ですが、

困っている人、悩んでいる人に

自分の存在を知って

もらうことも必要です。

 

ようは、認知活動をもっと

やっていくべきだと思います。

 

もちろんスキルを高めることも大事ですが、

それと同時に、

「こういう症状を良くできる、そういう人がここにいるよ!」

ということを世の中に伝えていかなければいけません。

 

認知活動は、誰かに任せるのではなくて、

自分が積極的に行っていってほしいなと思います。

 

もちろん認知活動したからといって

売上が急に上がるわけではありませんが、

困っている人を救うことはできます。

 

逆に人を救うことができれば、

売上は上がります。

 

なので、

どうしたら悩んでいる人を

救うことができるのか?

それを考えて、行動をしてみて下さい。

 

そうすれば必ず結果は出るので、

ぜひ認知活動して、

困っている人に

自分の存在を知らせてあげて下さい。

 

今日も最後まで聞いてくださり

ありがとうございました。

 

売上が増えないと悩んでいる一人治療院経営者の方へ

☑新規の患者様の数を増やしたい…
☑お金の心配がいらない治療院経営をしたい…
☑リピートを増やして売上を安定させたい…
☑繁栄治療院の仕組みが知りたい…
☑売上をもっと伸ばしたい…
☑自由な時間をもっと手に入れたい…

もしこのようなお悩みがあるなら、LINE@にご登録ください。

上記お悩みを解決できる方法がきっと見つかります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。