【一人整体院集客リピート】検査をしすぎると信頼を失くす

こんにちは。

一人治療院繁栄実践会の清水です。

 

今日は、

「検査をしすぎると信頼を失くす」

という話です。

 

リピート率を上げるには、

治療技術やカウンセリングなどの質を

上げていくのが近道です。

 

カウンセリングは、

丁寧に行えば患者様に納得してもらえますが、

治療技術というのは目に見えないので、

効果があるのないのか

わかりにくいという弱点があります。

 

そこで、必要となってくるのが、

ビフォーアフターの検査です。

 

ですが、この検査をやり過ぎると、

リピート率を下げてしまう原因

にもなるので、

気をつけてほしいと思います。

 

今の時代、関節可動域が上がる技術は、

ほとんどの治療院が得意としています。

 

ですが、

可動域が上がる=症状が良くなるは

イコールではありません。

 

素人からしたら、

少し触っただけで、

体が変化することは感動しますが、

そのやりとりを何回もしてしまうと

感動が薄れてしまいます。

 

 

「毎回、関節がやわらかくなるだけで、

全然痛みが取れていないじゃないか」

と、疑問に思う方も出てきます。

 

そうなると、

毎回やるビフォーアフターや検査に対して

意味を感じなくなってしまいます。

 

では、どうすればいいのか?

 

答えは、

検査自体は定期的にやる

ようにすることです。

 

要は病院と同じイメージです。

病院では毎回検査はしないですよね?

 

検査は、3ヶ月に一度とか、2ヶ月に一度とか、

月に一度とか、半年に一度でもいいと思います。

 

当院でも、

検査を3ヶ月に一度にしてから、

飛躍的にリピートが上がりました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

今日は、

「検査をしすぎると信頼を失くす」

について話してきました。

 

今日も最後まで聞いてくださり

ありがとうございました。

 

売上が増えないと悩んでいる一人治療院経営者の方へ

☑新規の患者様の数を増やしたい…
☑お金の心配がいらない治療院経営をしたい…
☑リピートを増やして売上を安定させたい…
☑繁栄治療院の仕組みが知りたい…
☑売上をもっと伸ばしたい…
☑自由な時間をもっと手に入れたい…

もしこのようなお悩みがあるなら、LINE@にご登録ください。

上記お悩みを解決できる方法がきっと見つかります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。