【一人整体院集客リピート】治療時間を短くするコツ

こんにちは、

一人治療院繁栄実践会の清水です。

 

今日は、

「治療時間を短くするコツ」

について話していきたいと思います。

 

治療業界では、

短時間治療が流行っていますが、

個人的には、

長くても短くても

自分や患者様が

納得するのがいいと思います。

 

で、今日は、治療時間を短くしたい人に、

時短治療ができるようになるコツについて

お伝えしたいと思います。

 

短時間治療を導入するにあたって、

よくある悩みが、

「まだ痛いと言われないかな」

「せっかくお金を貰っているのから、

ここもやった方がいいか」

と感じてしまうのではないかと思います。

 

私も同じような想いをしていたので、

気持ちはよくわかりますが、

やりすぎてしまうと、

かえって患者様を不安にさせてしまう

可能性もあります。

 

特にホームページでは、

「長くはやりません」と

書いてあるのに、

実際は長くかかっていると、

いっていることとやっている

ことの整合性が取れていないので、

不信感や不安感を覚える

患者様も出てきてしまいます。

 

もちろん、先生たちもそうならないように、

治療スキルをあげたり、

参考書を買って勉強したり

していると思うのですが、

実は、

手技が上手くなるから時短ができるというのは、

イコールではないということです。

 

勘違いしてほしくないのは、

当然、上手さ、スキルは必要なのですが、

上手さばかりでは時短はできないということです。

 

手技がうまくても治療時間を

60分取っている先生もいます。

 

これは手技が下手だから60分かかっている

わけでないことはわかりますよね?

 

では、時短するコツというのは何なのか?

答えは、

自分の治療の基準を

決めることです。

 

 

今日の治療ではここを良くしようとか、

自分の治療理論では、

ここを良くすれば大丈夫!

とかみたいな形で、

自分の中で一つ基準を作ることです。

 

もちろん患者様の意見も大事なのですが、

自分の治療でどこが良くなってれば、

この先良くなっていくのか

という一つの基準が明確になっていると、

非常に時短がしやすいのではないかと思います。

 

なので、あなたも、もちろん勉強することは、

治療家である以上は続けなければいけないのですが、

治療時間を短くしたいのであれば、

自分の治療の基準をしっかり持ち、

治療していただくと、

短くなるのではないのかなと思います。

 

今日は治療時間を短くするコツについて話してきました。

最後まで聞いてくださりありがとうございました。

 

売上が増えないと悩んでいる一人治療院経営者の方へ

☑️患者様が集まらない…
☑️患者様が定着しない…
☑️何をどうやっていいのかわからない…
☑️治療技術に自信がない…
☑️売上が上がらない…
☑️高単価治療をしてみたい…
☑️短時間治療をしてみたい…
☑️口コミを増やしたい…

もしこのようなお悩みがあるなら、

「流行る一人治療院の作り方」を手に入れて実践してみて下さい。

上記お悩みを解決できる方法がきっと見つかります。

「流行る一人治療院の作り方」を無料で手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。