【一人整体院,集客,リピート】値下げの正しい使い方

こんにちは、一人治療院繁栄実践会の清水です。

 

今日は、「値下げの正しい使い方」

について話していきたいと思います。

 

最近は値引きしている治療院が多いですが、

もしかしたら中には、「値引きなんてダサイ」

と抵抗がある人もいるかもしれませんが、

「値下げ=患者様に媚びている」

というわけではないので、

そこら辺を話していきたいと思います。

 

値下げの意味は、患者様が、

「行きたいな…」「どうしようかな…」「失敗したら嫌だな…」

という不安な気持ちに対して、最後の一押しての役目があります。

 

決してスーパーのような、派手な金額で

お客様を呼んでいるのではありません。

 

「良さそうだけど、一回どういうものなのか試してみたい」

このような患者様の気持ちをくんであげるのが値下げの意味です。

 

いくらここの治療院が良さそうだと思ってもいきなり

電話や予約のメールを入れる患者様はいません。

心のどこかで不安な気持ちを抱えています。

 

治療院の先生からしたら、

「うちに来たら治るのは当たり前」

と思っているかもしれませんが、

 

悩みが深い患者様は、

「治らなかったらどうしよう、、、」

などの不安な気持ちは100%持っています。

 

その不安を消すために値下げを

使っているのです。

 

不安を消すものは何も値下げだけではありません。

小冊子や無料動画、体験会などでもいいでしょう。

 

ただ治療というものは、緊急性があるものなので、

値下げの方が患者様は来やすいです。

 

今日は値下げの正しい使い方について話しました。

最後まで聞いてくださりありがとうございました。

 

売上が増えないと悩んでいる一人治療院経営者の方へ

☑️患者様が集まらない…
☑️患者様が定着しない…
☑️何をどうやっていいのかわからない…
☑️治療技術に自信がない…
☑️売上が上がらない…
☑️高単価治療をしてみたい…
☑️短時間治療をしてみたい…
☑️口コミを増やしたい…

もしこのようなお悩みがあるなら、

「流行る一人治療院の作り方を手に入れて実践してみて下さい。

上記お悩みを解決できる方法がきっと見つかります。

「流行る一人治療院の作り方」を無料で手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。