【一人整体院,集客,リピート】優遇するのは新患者様ではなく既存患者様

こんにちは、清水です。

今日は、

「優遇するのは新患者様ではなく既存患者様」

について話していきたいと思います。

 

リピートが取れない、、、

という悩みは治療院経営をしているとぶつかる問題だと思います。

私自身も過去に2回目のリピート率が30%を切るとう悲惨な時期がありました。

 

リピート率が下がる時は、新規患者様ばかり待遇を良くし、

既存患者様への対応が悪くなっている可能性があります。

 

一般的には、新規患者様に労力をかけてしまいがちですが、

本当に労力をかけるべき人は、既存の患者様です。

 

利益を生んでくださるのは、

既存の患者様なのですから。

 

また新規患者様を獲得するのは、

既存患者様を維持する費用と比べると

5~10倍かかります。

 

こういうところからみても、既存のお客様をいかに大事にするかが、

売り上げアップしいては経営の安定に繋がっていきます。

 

新規患者様を集めることの方に目がいってしまう先生も多いのですが、

実際のところ流行っている治療院のほとんどは、

既存の患者様を大事にしています。

 

ですのであなたもまずは既存の患者様を大事にする、優遇してください。

✔️キャンペーンを行う
✔️健康教室を行って満足度を高める
✔️誕生日などにカードや手紙、DMを送る

などがすごく大事になってきます。

ですので、まずは既存のお客様を大事にするということをしてみてください。

 

今日は優遇するのは新規客ではなく既存の客についてでした。

最後まで聞いてくださりありがとうございました。

売上が増えないと悩んでいる一人治療院経営者の方へ

☑️患者様が集まらない…
☑️患者様が定着しない…
☑️何をどうやっていいのかわからない…
☑️治療技術に自信がない…
☑️売上が上がらない…
☑️高単価治療をしてみたい…
☑️短時間治療をしてみたい…
☑️口コミを増やしたい…

もしこのようなお悩みがあるなら、

「流行る一人治療院の作り方を手に入れて実践してみて下さい。

上記お悩みを解決できる方法がきっと見つかります。

「流行る一人治療院の作り方」を無料で手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。