売り込みを上手にするコツ

どうも、清水(@shimizu)です。

 

今日は、「売り込みを上手にするコツ」について話していきたいと思います。

 

治療家の中には、あまり売り込みが好きではないという方もいると思います。

 

正確には売り込みではなく提案になりますが、これがうまくできないと、リピートが取れなかったり、しいては集客などもしにくくなってしまうので、ぜひ上手になってほしいと思います。

 

上手になるには、沢山のセールスを自ら体験するということが一番の近道です。

 

画期的なリピートトークがあるのではと思うかもしれませんが、そんな物はありません。笑

 

車や家などの物でもいいですし、もっと身近な物でいえば、高いエステや高級なホテルに泊まったりして、どのようなサービスやセールスがあり、どのような感じ商品を紹介されるのかを体験してみるといいです。

 

思わず買ってしまったり、説明がうまいなと思うところは、自身の治療院の問診やリピートトークに活かしていくといいです。

 

セールスが苦手という人は、結局自分も売り込まれるのが苦手な場合が多いので、やはり慣れるしかないです。

 

慣れれば、わかりますが、買うか買わないか決めているのは自分の意志です。

 

それを認識するだけでも、患者様に継続通院を提案しやすくなるので、まずは一度自分が体感してみることをお勧めします。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手