【一人治療院リピート集客】○○すると患者様はよく治る

どうも、清水(@shimizu)です。

 

今日は「○○すると患者様はよく治る」について話していきたいと思います。

 

○○とは残念ながら治療技術ではありません。

 

そもそもなんですが、治療は何のためにするのか?ということなんです。

 

もちろん治すためでしょ、痛みを消すためでしょ、症状を取る為でしょ、と思う人もいるかもしれませんが、ちょっと違います。

 

答えを言うと、○○の部分は、「喜ばす」が入ります。

 

喜ばすと患者様はよく治るんです。

 

「えっ?」と思う方もいるかもしれませんが、「喜ぶ=治る」です。

 

治療もサービス業のひとつです。

 

治すサービスを作るのは、結構難しいです。

 

簡単に人を治せませんし、そのサービスを確立するまで、何十年、何百年かかってしまいます。

 

とても治療院経営なんてやっていられないですよね。

 

そもそも何であなたは開業したんですか?って話なんです。

 

20代や30代で開業する方が多いと思いますが、技術がピカイチで開業したわけではないと思うんですよ。

 

表面的には、患者様を治せる自信があるからだと思うんですが、深いレベルで話すと患者様に喜んでもらう自信があるからです。

 

だから開業してもやっていける自信が何となくあるんです。

 

でも開業して結果が出ないと、やっぱり技術に目がいってドツボにハマってしまう、、、

 

それよりも、患者様が喜んでもらうシステムを作ることを意識した方がいいんですね。

 

サービス業というのは、人に喜んでもらうことですし、しいて言えばビジネスとは誰かを幸せにするものです。

 

なので、結局は幸せになってもらう、喜んでもらうということにフォーカスして、そこをゴールにして逆算して戦術、戦略を組んでいきます。

 

治療をゴールにするのではなく、患者様が喜ぶことをゴールにするといいです。

 

「治すから喜ばれるんでしょ」と思う方もいるかもしれませんが、人は基本的に何かを体験したいんです。

 

治すは体験できません。

 

どういう時に治ると人は体験できるかというと、階段を登れたり、仕事に行けたり、出来なかったことが体験できることで、治ると実感します。

 

治療をしていると、検査して異常がなくても、痛みを感じると訴える患者様はいると思います。

 

体的には、治っている。でもそれを体験できていない。

 

なので、「治る=喜ぶ」は成立しない時が多いです。

 

治る基準は人それぞれですから、治るにフォーカスすると難しいんです。

 

ぜひそこを意識して仕組み作りをしてみて下さい。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手