【腰痛】腰痛で自殺する人もいる

どうも、清水(@shimizu)です。

 

今日は、腰痛で自殺する人もいるについて話していきたいと思います。

 

ちょっと大袈裟なタイトルかと思う人もいるかもしれませんが、実際に自殺者の4割は健康問題で命を落としているというデータがあります。

 

治療院を長く続けていると、いろいろな考え方の患者様と出会いますが、本当に健康問題で悩んでいる患者様というのは、あなたが思っている以上にすごく悩んでいる場合があるということです。

 

結局体がなければ、仕事もできない、家族と過ごすこともできないなど、いろいろなことを諦めなければいけません。

 

普通に生活するためにも歩ける体やご飯食べられる体というのは、必須です。

 

なので、私たちはただ治療をすることも大事ですが、困っている人、悩んでいる人に自分の存在を知ってもらうことも必要です。

 

ようは、認知活動をもっとやっていくべきだと思います。

 

もちろんスキルを高めることも大事ですが、それと同時に、「こういう症状を良くできる、そういう人がここにいるよ!」ということを世の中に伝えていかなければいけません。

 

認知活動は、誰かに任せるのではなくて、自分が積極的に行っていってほしいなと思います。

 

もちろん認知活動したからといって売上が急に上がるわけではありませんが、困っている人を救うことはできます。

 

逆に人を救うことができれば、売上は上がります。

 

なので、どうしたら悩んでいる人を救うことができるのか?それを考えて、行動をしてみて下さい。

 

そうすれば必ず結果は出るので、ぜひ認知活動して、困っている人に自分の存在を知らせてあげて下さい。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA