【一人治療院集客マーケティング】リソースの先にお金がある

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、ランチェスター戦略を知りたい方やランチェスター経営を治療院に取りれて、業績をアップさせたい方に向けに書いています。

 

どうも、清水(@shimizu)です。

 

【 VOL.23】ランチェスター戦略×治療院経営では、リソースの先にお金があるについて解説していきます。

 

リソースが資源というお話を何回かしてきましたが、リソースと聞くと、ほとんどの人はお金を思い浮かべると思います。

 

お金がないから〇〇ができない。

 

という言い訳をあなたも聞いたことがあると思います。

 

「家が貧乏で塾に行かせてもらえなかった」

 

「〇〇したかったけど、お金がないからできなかった」

 

「投資したいがお金が無くてできない」

 

「お金さえあれば、、、」

 

と、思いをしている人は多いでしょう。

 

そんなあなたのために、自分の持っているリソースをお金に変える方法の原理原則をお伝えしたいと思います。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

2015年に整骨院を開業。

保険に頼らず、自費治療のみ。メニュ一も1つだけ。

15分8,000円の施術で”平均”月商250万円を達成。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

リソースは6つある

 

はっきり言うと、お金が最重要というスタンスは間違っています。

 

お金が最重要と考えている人の戦略は正しく機能しません。

 

資本がある大手やライバルに100%負けます。

 

体がでかい人が必ず勝つでは、スポーツは成り立血ません。

 

お金の洗脳を解くことが必要です。

 

戦略家は6つのリソースをフラットにみる

 

お金の洗脳を特には、6つのリソースをフラットに見る必要があります。

 

一般的な人の時の流れは、

 
①会社に勤める

②給料をもらう

③お金で必要なコンテンツ(物、サービス)を買う

④余剰金でコンテンツ(物、サービス)を買う

⑤クレカでコンテンツ(物、サービス)を買う

 

だいたいこんな流れでお金を使っているかと思います。

 

お金というのは、いきなり自分の手元に来るものでもなく、いきなり去っていくものでもありません。

 

一般人には、先ほどのような流れに見えますが、戦略家にはこう見えています。

 

 
①会社に勤める
➡︎時間というリソースを捧げる

②給料をもらう
➡︎捧げた間とお金の交換

③お金で必要なコンテンツ(物、サービス)を買う
➡︎そのお金で最低限必要なコンテンツ(物、サービス)交換する

④余剰金でコンテンツ(物、サービス)を買う
➡︎そのお金で欲しいなコンテンツ(物、サービス)交換する

⑤クレカでコンテンツ(物、サービス)を買う
➡︎借りたお金で欲しいなコンテンツ(物、サービス)交換する

 

このようなイメージで捉えています。

 

物事はリソースからできている

 

多くの人は、お金の増減に注目しますが、本当に注目しないといけない場所は、リソースの増減です。

 

 
①会社に勤める
➡︎リソース(ー)

②給料をもらう
➡︎リソース(+)

③お金で必要なコンテンツ(物、サービス)を買う
➡︎リソース(ー)

④余剰金でコンテンツ(物、サービス)を買う
➡︎リソース(ー)

⑤クレカでコンテンツ(物、サービス)を買う
➡︎リソース(ー)

 

今の時代は買ったものはマイナイスになりやすいです。

 

これではお金というリソースが生かしきれていません。

 

自分のリソースが減ってばかりで、お金と交換することができていないので、お金が無くなっていくのです。

 

戦略家として生きるためには?

 

リソースを増やす活動をしないと、年々苦しくなります。

 

お金は交換の先にあります。

 

時間、物、情報、時間、知的財産、人を交換することで、お金が手に入ります。

 

交換の先にお金があるので、抑えるべきは、リソースなんです。

 

自分の持っている何と交換するのか?

 

時間とお金を交換したければ、サラリーマン。

 

物とお金を交換したければ、メーカーやコンテンツ持ちに。

 

情報とお金を交換したければ、情持ちに。

 

知的財産とお金を交換したければ、特許やブランドに。

 

人とお金を交換したければ、スキル持ちになる必要があります。

 

お金を狙う人の多くはスキルや資格などを狙います。

 

それは悪くなないですが、ライバルはたくさんいることは理解できると思います。

 

私がオススメするのは、メーカーやコンテンツ持ちと情持ちです。

 

情報を仕入れて、やりとりして、コンテンツを作りメーカーになること。

 

これが最速で、リソースをお金と交換できます。

 

まとめ

 

お金に目を向けないこと。

 

お金は、交換でしか手に入らない。

 

交換するのは、6つのリソースをどのようにするのかを考えること。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手