【一人治療院集客マーケティング】情報アービトラージで情報社会を勝ち抜く方法

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、ランチェスター戦略を知りたい方やランチェスター経営を治療院に取りれて、業績をアップさせたい方に向けに書いています。

 

どうも、清水(@shimizu)です。

 

【 VOL.22】ランチェスター戦略×治療院経営では、情報アービトレージについて解説していきます。

 

リソースを増やすも人、食いつぶすも人。

 

失ったら二度と戻ってこないのは、時間。

 

この業界だから一点集中したいものは、物(サービス、コンテンツ)

 

今回は、情報についてお伝えしていこうと思います。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

2015年に整骨院を開業。

保険に頼らず、自費治療のみ。メニュ一も1つだけ。

15分8,000円の施術で”平均”月商250万円を達成。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

アービトラージ(裁定取引)とは?

 

あなたはアービトレージという言葉を知っていましうか?

 

投資などをしている人なら聞いたことがあるかもしれません。

 

アービトラージとは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のことです。

 

これを情報でやります。

 

情報にも価値に差があり、情報の歪みを発見することができれば、極端な言い方をすれば、情報を右から左に流すだけで、あなたの価値は上がって胃きます。

 

情報アービトラージは、私が最も得意とする戦略です。

 

これを極めれば、情報収集や情報発信に困ることはありません。

 

インプットvsアウトプット理論

 

世間では、インプットが重要なのか、アウトプットが重要なのかでしばしば論争が出ています。

 

インプットばかりでは意味がないという人もいれば、アウトプットだけでは、情報が枯渇、薄れてしまうという人もいます。

 

これらは、戦略視点がない人達が言う意見です。

 

私の結論は、情報の扱い方に問題があるから、このような論争が起きるのです。

 

情報アービトラージのやり方

 

情報に対しての立ち振る舞いを今からご説明致します。

 

具体例を出すと、まずはあなたがマーケティングのコミュニティと、治療技術のコミュニティ、投資のコミュニティに入っているとします。

 

各コミュニティで当たり前の情報を他のコミュニティに伝えることで、あなたの情報に価値は生まれます。

 

例えば、投資のコミュニティでキャッシュフローをあなたが学んだとします。

 

そのアウトプット先をマーケティングのコミュニティでします。

 

そうすると、「清水さんは、そんなことまで知っているんだ」と興味を持たれる存在になります。

 

このような形で、インプットしたことを違うコミュニティでアウトプットすることで、情報の歪みをうまく利用することができます。

 

まとめ

 

世の中は情報ビジネスです。

 

新しい情報に価値はあります。

 

どこにどの情報を持っていくことで、価値が高まるのかを意識して、インプット、アウトプットするといいかもしれません。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA