【一人治療院集客マーケティング】品質向上の極意

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、ランチェスター戦略を知りたい方やランチェスター経営を治療院に取りれて、業績をアップさせたい方に向けに書いています。

 

どうも、清水(@shimizu)です。

 

【 VOL.20】ランチェスター戦略×治療院経営では、品質向上の極意について解説していきます。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

2015年に整骨院を開業。

保険に頼らず、自費治療のみ。メニュ一も1つだけ。

15分8,000円の施術で”平均”月商250万円を達成。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

戦略とは?

 

戦略とは、持っているリソース(情報)をどのように配分するのかを選ぶことです。

 

戦略を一言で言うとやりくりです。

 

リソースで、時間は二度と戻ってこないと言う意味で重要。

 

人は、6つ(時間、お金、物、人)の全ての増減に関わっていると言う意味で重要。

 

人が時間をかけて、思いっきり一点集中して行くべきところはどこか?と問われれば、モノ(商品の品質)になる。

 

人、物、金、時間、情報、知的財産の6つのリソースの中で、最も扱いが簡単で、最も簡単にリソースを増やすことができるのが、物です。

 

まずは量産、そうすれば質は上がる

 

人が時間をかけて、思いっきり一点集中して行くべきところはどこか?と問われれば、モノ(商品の品質)になります。

 

あなたがどんな状況にいようと、どんな経営をしてようと、今すぐに始められることは、物(サービス、コンテンツ)を作ることです。

 

物を作り続けることが、1年後に非常に大きな差になってきます。

 

リソースの中で、人は、多くの名経営者達が頭を悩ませます。

 

お金は、多くの人がコントロールできないものです。

 

情報は、多くの人が流されてしまうものです。

 

時間は、多くの人が二度と取り戻せないものです。

 

知的財産は、多くの人がおいそれと持てないものです。

 

しかし、物だけは、圧倒的単純作業で増やし続けることができます。

 

まとめ

 

治療業界では、物(サービスやコンテンツ)が軽視されています。

 

セールスや集客は洗練は、昔に比べればかなり洗練されています。

 

しかし、物はそれほど進化していません。

 

商品はそこそこでいいと言うスタンスがあるのかもしれません。

 

現代は相手もすでに同じ技を持っている場合が多いです。

 

同じリソース(同じ協会や流派)、手数、技など。

 

こんな状況でどこで勝つのか?

 

それは時間をかけて積み重ねたもの。

 

歴史です。

 

歴史とは、物です。

 

一つでも多く積み上げた人が勝つ時代になっていることを忘れないでください。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA