【アトピーアレルギー】アトピーアレルギーのスキンケアの注意点

アトピーに悩む女性
どうして私はお肌のトラブルになるんだろうか?

何年もアトピーやアレルギーで肌が汚く自分に自信が持ててない…。

自分に自信が持てるようになるお肌を手に入れることは可能なんだろうか?

 

というお悩みの方に、アトピーやアレルギーになる原因についてお伝えしていこうと思います。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

治療家兼パーソナルトレーナー。

元プロサッカー選手の経験を活かし、人体の構造から根本的に改善するAS療法を開発。

体のお悩みを根本的に解決するミッションとして掲げ、多くのクライアントを改善に導いている。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

アトピーやアレルギーになる原因とは?

 

なぜアトピーやアレルギーは起こるのか?

 

アレルギーや アトピー性皮膚炎の特徴は、肌表面のPH値がアルカリ性に傾いてしまうことです。

 

アレルギーになる大きな原因は、間違ったスキンケア選びです。

 

「え?スキンケア選びでアトピーやアレルギーになるんですか?」と思う方もいるかもしれません。

 

そうなんです。

 

スキンケア選びは物凄く重要なのです。

 

ここで間違ってしまうと、すべての労力が無駄になってしまいます。

 

スキンケアが大きなウエイト占めていますが、その他にも原因はあります。

 

それは、腸内環境です。

 

腸内環境の悪さでアトピーになる!?

 

最近アレルギーやアトピーが増えた背景には、きれいな井戸水や栄養素の高い泥野菜などが無くなったことも関係しています。

 

 
◆塩素まみれの水道水。

◆殺菌消毒された飲食物。

◆鉱物油だらけの日常消耗品での皮膚や粘膜の洗浄。

◆正しい知識の無いままに行う食事制限

 

腸内環境が悪いと栄養が体内にうまく吸収できなくなってしまいます。

 

その結果、自律神経が乱れるや免疫細胞が乱れるなどの現象が起こります。

 

腸内は弱酸性にしておくことが大切です。

 

腸内を弱酸性に保つためには、ビタミンC食物繊維が必要です。

 

細胞に栄養を届けるためには、まずは腸内環境を良くすることを意識してみるといいでしょう。

 

肌の構造

 

スキンケアの選び方の前に、まずは肌の構造を知っておくといいです。

 

肌の表面には、ラメラ構造というものがあります。

 

これはセラミドと言われる水分保持作用の高い保湿因子が積み重なってできた層です。

 

この層ができていれば基本的にお肌のトラブルになることはありません。

 

逆を言えれば、セラミドが層になっていないお肌は、アトピーやアレルギー、乾燥肌、シワなどのトラブルになりやすくなってしまいます。

 

スキンケアの罠

 

どうしてセラミドの層は正常にできなくなってしまうのか?

 

それは、毎日のスキンケアで、セラミドは無くなっているのです。

 

日本のスキンケア製品は洗浄力が強すぎます。

 

セラミドは、わずか0.02ミリ層です。

 

この層を傷つけることでお肌のトラブルの原因になるのです。

 

強くお肌をこすることはオススメしません。

 

基本的には、指と泡、皮膚の順番になっていることが望ましいです。

 

指が顔の皮膚に当たることは洗顔ではあまり望ましい状況とは言えません。

 

綺麗に洗えばいいでけではない

 

綺麗に洗うことが、お肌にいいわけではありません。

 

お肌に負担をかけないことが良いケアになります。

 

ですので、必要以上に綺麗にしすぎないことです。

 

例えば、顔に脂があることは普通です。

 

いわゆる皮脂です。

 

皮脂こそが天然の美容液です。

 

ですが、顔に脂があるのが嫌だからという理由で顔を洗いすぎたいりすると、皮脂が無くなり、お肌トラブルの原因になります。

 

まとめ

 

スキンケアとはお肌を綺麗にするのではなく、お肌のターンオーバーがしやすい環境にしてあげることを意識して頂くと、アトピーやアレルギーも改善してくでしょう。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

YouTube

Twitter

Instagram

のフォローをよろしくお願い致します。

今後の活動の励みになります。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手