【お肌のたるみくすみ】お肌のたるみの原因と改善方法

お肌のくすみ、たるみに悩む40代女性

昔に比べて顔のくすみやたるみ、ざらつきが気になってきました。

たるみのくすみをを無くす良い方法はないのでしょうか?

良い化粧水やエステなど、改善方法があったら教えて欲しいです。

 

というお悩みの方に、お肌のたるみの原因と改善方法についてお伝えしていこうと思います。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

治療家兼パーソナルトレーナー。

元プロサッカー選手の経験を活かし、人体の構造から根本的に改善するAS療法を開発。

体のお悩みを根本的に解決するミッションとして掲げ、多くのクライアントを改善に導いている。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

お肌の糖化とは?

 

お肌のくすみ・たるみ・ざらつきの原因は、お肌が糖化していることです。

 

糖化とは一体どういうことなのか?をご説明していきます。

 

突然ですが、あなたはホットケーキは好きですか?

 

美味しいしタンパク質も「卵」「牛乳」でたくさん摂れるし、砂糖が混ざればこんがりと焼き色がつきますよね。

 

この焼き色の「焦げる」ことを「糖化反応」といいます。

 

糖化とは、体の中でタンパク質と 余分な糖が結びつくことです。

 

タンパク質と余分な糖が結びつくと 「AGEs=糖化最終生成物」という老化物質が生まれます。

 

AGEsの恐怖

 

AGEsは分解されません。

 

体の中に蓄積されてしまいます。

 

AGEsは、 肌や髪や骨など全身の老化を進行させてしまう効果があります。

 

例えば、AGEsが 真皮のコラーゲンに蓄積すると、肌の弾力が失われてしまいます。

 

そうなると、

 

 
「くすみ」

「 たるみ」

「 シワ」

 

につながります。

 

AGEsが血管に溜まれば動脈硬化になりやすく、AGEsが骨に溜まれば骨粗しょう症になりやすくなります。

 

糖化を起こす3つの原因

 

糖化の怖さはわかったと思います。

 

糖化すると、お肌のくすみやたるみ、ざらつきなどのトラブルになるんです。

 

では、どうすれば糖化を防げるのでしょうか?

 

ですが糖化を防ぐ前に、まずは糖化が起こる原因を理解してもらうと根本的な解決ができるので、糖化を起こす3つの原因をご説明致しま
す。

 

糖化を起こす3つの原因は、

 

血糖値の急激な上昇。

 

慢性的な高血糖状態。

 

糖とタンパク質との接触時間が長い。

 

以上のような原因と歳を重ねるごとに、不適切な生活習慣によって、さらに必要以上に糖化が進んでしまいます。

 

そうなることで、糖尿病やがんなどあらゆる病気の原因となってしまいます。

 

どうすれば糖化を防げるのか?

 

糖化反応を防ぐ答えは、食べ方を変えることです。

 

食べ方を変えるには、3つのことを意識する必要があります。

 

1つめは、食べる「時間帯を変える」

 

2つめは、食べる「順番を変える」

 

3つめは、食べる「食材を変える」

 

です。

 

その他にも、

 

食べ方を変える。

 

ゆっくり食べること。

 

20時以降食べないこと。

 

食べる順番に気を付けること。

 

GI値の 低いものを多くすること。

 

などがあります。

 

「食べ方を変える」 糖化しない体の作り方

 

人の体は1日24時間の中で3つのサイクル (消化・吸収・排泄)が8時間ごとに切り替わります。

 

 

1つのサイクルは、排泄のサイクル=朝4:00~昼12:00

 

2つめのサイクルは、消化のサイクル=昼12:00~夜8:00

 

3つめのサイクルは、吸収のサイクル=夜8:00~朝4:00

 

以上のように時間帯に合わせた食べ方をすることで糖化を防ぐことができます。

 

正しい食べ方=ミールプラン

 

それでは、正しい食べ方=ミールプランついてご説明致します。

 

食べる時間帯

 

昼の12:00までは何も食べないことです。

 

果物か、スムージーを摂ります。

 

市販のジュースは糖質が多いため避けましょう。

 

果物をジューサでつくったものがベストです。

 

人間の消化のサイクル時間のため消化に負担をかけないのが目的です。

 

食べる順番

 

毎食の食事の食べる順番を守ることをしましょう。

 

まず最初は、野菜の繊維質。

 

次に、肉のタンパク質。

 

最後に、穀物の炭水化物。

 

すると、 血糖値が上がりづらく脂肪がつきづらい体をつくることができます。

 

食べ合わせ

 

ご飯とお肉は同時に食べないことです。

 

炭水化物を消化するアルカリ性の酵素とタンパク質を消化する酸性の酵素とが中和されてしまい、消化が、とっても悪くなり、脳と体のエネルギーは 落ちてしまうのです。

 

まとめ

 

正しい食べ方を理解し、毎日、健康=エネルギーに満ち溢れた体で、何より糖化しない体で毎日を過ごしていきましょう。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

YouTube

Twitter

Instagram

のフォローをよろしくお願い致します。

今後の活動の励みになります。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手