【高血圧高脂血症高コレステロール血症】綺麗な血液を作る方法

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、高血圧や高脂血症、高コレステロール血症にはなりたくない方に、綺麗な血液を作る方法をお伝えしています。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

治療家兼パーソナルトレーナー。

元プロサッカー選手の経験を活かし、人体の構造から根本的に改善するAS療法を開発。

体のお悩みを根本的に解決するミッションとして掲げ、多くのクライアントを改善に導いている。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

血液のはたらき

血液は、

 
◆血漿(けっしょう)

◆赤血球

◆ヘモグロビン

◆血小板

◆白血球

 

から構成されてます。

 

血漿(けっしょう) とは?

 

食事から栄養素や体内ホルモン、ミネラルなど全身に運ぶ役割をしています。

 

体内に必要のない老廃物を運ぶ役割もしています。

 

赤血球とは?

 

酸素を全身に運ぶ役割をしています。

 

ヘモグロビンとは?

 

赤血球にある血液の赤い色素をヘモグロビンと言います。

 

ヘモグロビンは酸素と結合し、体中に運搬してくれる役割をしています。

 

血小板とは?

 

出血を止める役割をしています。

 

白血球とは?

 

細菌やウイルスから体を守る枠割りをしています。

 

血液は全ての病気と関わっている

 

血液が足りない。

 

血液が作られない。

 

血液が流れない。

 

これらは、体のすべての症状と病気に関係しています。

 

血液のはたらきを知ることで、血液に対する重要性の意識が変わると思います。

 

血液を創るために 必要なもの

 

ミネラル、ビタミン、オメガ3系脂肪酸が血液を創る上で重要になっていきます。

 

一つ一つがどんなはたらきをするのか?一つ一つがどのように創られてくのか?を解説していきましょう。

 

下のイラストをご覧ください。

 

 

血液=トラック

 

血管=道路

 

糖=荷物

 

になります。

 

血液というトラックが、血管という道路を糖とう荷物を積んで走ってます。

 

トラックが走るためには、

 

・タイヤ=ミネラル

 

・ガソリン=ビタミンB群

 

・オイル=オメガ3系脂肪酸

 

が必要になります。

 

トラックの速度が速すぎると、曲がりきれず、直進するしかありません。

 

これが高血圧の状態です。

 

逆にトラックの速度が遅すぎると、道路は渋滞して工場に荷物が届きません。

 

これが低血圧の状態です。

 

血流が速すぎる=高血圧

 

血流が遅すぎる=低血圧

 

となるわけです。

 

どちらの症状にも共通していえることは、食事によってキレイな血液を体内で創りつづけることです。

 

ミネラルの役割

 

そのためにまずは、充分なミネラルが必要です。

 

ミネラルは体内では吸収されづらいです。

 

イメージで言えば、鉄を補給するためにパチンコ玉を飲み込むようなもの。

 

ミネラルを摂取する時は、アミノ酸でミネラルが包まれてる(キュレイト化)されてることがとても大切です。

 

ビタミンB群の役割

 

次にビタミンB群。

 

ビタミンB群とは、8つの ビタミンBのことです。

 

 
・B1

・B2< ・B3(ナイアシン) ・B5(パントテン酸) ・B6 ・B12 ・葉酸 ・ビオチン

 

現代の食事だけで摂ろうとすると、

 

B1=納豆47パック

 

ナイアシン=ゴマ377g

 

パントテン酸=卵41個

 

これらを、購入するためのお金、調理するための時間、食べきるための食欲が必要になってきます。

 

ちなみに、この量の食材をスーパーで30日間買ってみると、約18万8800円になります。

 

オメガ3系脂肪酸の役割

 

オメガ3系脂肪酸のお話をしする前に、お肉などの動物性脂肪を摂取しすぎてる人は、過剰摂取を控えましょう。

 

動物性タンパク質は、細胞膜を創り出す成分です。

 

ですから、適量の摂取は必要です。

 

けれど、動物性脂肪を 多く取りすぎると、トラック(血液)が道路(血液)を走る時に、道路の凹凸(動物性脂肪)によって荷物(糖)を落としてしまうのです。

 

すると、糖がエネルギーに変えれない状態=糖尿病。になってしまうのです。

 

すべてに「必要ない」成分は一つもありませんがバランスの上に成り立つことを理解しましょう。

 

そこでオメガ3系脂肪酸が大切になってきます。

 

 

欧米化された食事には、オメガ3系脂肪酸量が 不足しています。

 

オメガ3系脂肪酸の出発物質であるαリノレン酸は、

 

・亜麻仁(あまに)

 

・しそ

 

・ごま

 

などにかなり 多く含まれます。

 

またEPAやDHAは、

 

・いわし

 

・サバ

 

などの青魚にも豊富に含まれています。

 

オメガ 3系脂肪酸は、

 

・血液の粘度をさげる。

 

・血液の流れを改善する。

 

・脳内血管の血栓を防ぐ。

 

・脳内血流のスムースにする。

 

という役割があります。

 

EPAやDHAを体内に増やすには、魚由来の油成分を摂るのが有効です。

 

ただし、魚油に蓄積した水銀や有害ホルモンが混入している可能性もあります。

 

魚油を濃縮したサプリメントを摂取するなら注意が必要です。

 

まとめると、トラック(血液)が道路(血液)を走る時に、道路の凹凸(動物性脂肪)によって荷物(糖)を落としてしまうので、道路の凹凸を舗装(オメガ3系脂肪酸)をする必要がある。ということです。

 

糖代謝率100%で痩せる血液を作る

 

「糖代謝率100%」という言葉を知っていますか?

 

きっとこの言葉の意味を知ってしまったら、「どうしたら糖代謝率100%」になれるの?!」と、何か行動を起こしたくなるはずです。

 

必須栄養素とオケ理論

 

 

必須栄養素は48個あります。

 

48枚の板を張り合わせたオケをイメージしてみてください。

 

その板の高さがバランスよく整ってれば水は溜まります。

 

けれど、一枚でも欠けていたり、高さが低い水は漏れてしまい溜まりません。

 

車は部品が一つないだけで走れなくなるように、人の体も一つの栄養素が欠けてただけで動きにくくなります。

 

この必須栄養素48バランスの考え方を「オケ理論」といいます。

 

必須栄養素48がしっかりと摂れていると、「糖代謝率100%」のカラダが手に入ります。

 

 

糖代謝率とは?

 

糖代謝率とは、食べた糖がエネルギーに換わる割合のことを言います。

 

つまり、糖代謝率100%とは、「食べた糖がすべてエネルギーに換えることができる、一生 太ることのできない奇跡の体」を手にすることになるのです。

 

血流と血行の違い

 

「なぜ血液が重要なのか?」をここまで学んできました。

 

次が血液についての最後の内容になります。

 

血流とは、血管を通る血液のこと。

 

血行とは、体を巡る血液の流れのこと。

 

簡単に言うと、血流は部分的。

 

血行は全体的。

 

ということです。

 

血流と血行による栄養素の運搬

 

栄養素はまずは、脳と心臓へ行き、つぎは、骨や筋肉へ行き、最後に、髪や肌や爪に届きます。

 

残念ながら栄養素不足と血流と血行不良になると、「髪」や「肌」や「爪」に栄養素が届きません。

 

白髪が増えた?

 

顔が老けてきた?

 

爪が割れやすくなった?

 

と感じたら、血流改善と血行改善を同時に行っていきましょう。

 

血流改善には、食事による栄養素改善。

 

血行改善には、睡眠、運動、呼吸などの生活習慣改善。

 

を意識するといいでしょう。

 

それでは!

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手