【サプリメント】ニュートラシューティカル(高機能食品)とは?

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、サプリメントを飲んでみたいが、どのようなサプリメントを選べばいいのかわからないと思いっている方にサプリメントの選び方のポイントをご説明しています。

 

どうも、清水(@shimizu)です。

 

「薬は副作用があって怖い…。」

 

「サプリメントは効いているのか、効いていないのかわからない…。」

 

という方に、今日は薬以上に効果があり、サプリメントよりも安全で安心なニュートラシューティカル(高機能食品)についてお伝えしていきたいと思います。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

治療家兼パーソナルトレーナー。

元プロサッカー選手の経験を活かし、人体の構造から根本的に改善するAS療法を開発。

体のお悩みを根本的に解決するミッションとして掲げ、多くのクライアントを改善に導いている。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

ニュートラシューティカル(高機能食品)とは?

 

薬以上に効果があり、サプリメントよりも安全で安心なものを、ニュートラシューティカル(高機能食品)と言います。

 

栄養=ニュートリションと、医薬品=ファーマスーティカルが、合わさったものが、栄養医薬品=ニュートラ・シューティカルです。

 

これは、 医療効果が証明された食品のことです。

 

オリンピックでもニュートラシューティカルを採用している

 

1996年アトランタ オリンピック。

 

当時のIOC(オリンピック委員会)は、世界初公式認定サプライヤーとなる、ニュートラシューティカルを採用します。

 

公式認定スポンサーとは?

 

公式認定スポンサーとは企業がIOCに資金を提供し、宣伝させてもらっているスポンサーのこと。(例:コカコーラ)。

 

公式認定サプライヤーとは?

 

公式認定サプライヤーとは、IOCが企業へ支援を要求していること。

 

「あなたの製品は優秀なのでぜひオリンピックで使いたいので協力してください。」

 

と言われている企業です。(例:セイコウ、ファーマネクス)

 

ニュートラシューティカルの99.99%の効果と99.99%の安全性を世界が認めています。

 

厳しい審査をクリアしないといけないニュートラシューティカルと認めてもらえない

 

ニュートラシューティカルになるためには4つの試験をクリアしなければいけません。

 

ニュートラシューティカルになるには、米国の栄養補助食品健康教育法であるDSHEA(ディーシャ)で定められた項目をクリアする必要があります。

 

項目①

 

自然物からなる有効成分でなければいけない。「食品」でありながら「薬」のように作用する生薬でなければいけない。

 

項目②

 

一般的に科学調査で安全性・安定性が認められているものでなければいけない。

 

項目③

 

臨床による完璧なデータが出ていなければいけない。

 

項目④

 

人体においても100%明確な効果データが出ていなければいけない。

 

日本のサプリメンとの現状

 

日本でもサプリメントは流行ってきています。

 

グルコサミンやコンドロイチンやコラーゲンなど。

 

しかし、日本のサプリメントは、DSHEAに該当する法律は今のところありません。

 

ですので、世の中で販売されているサプリメントは、これといって厳しい審査を受けているわけでは無いということです。

 

だからもしあなたがグルコサミンを飲んで、膝の痛みが治らないとしてもそれは当然と言うことです。

 

なぜなら、ニュートラシューティカルではなく、サプリメントだからです。

 

まとめ

 

日本のサプリメントは安全だが、効果があるデータを持っているサプリメントが無い。

 

体を健康にしたいのであれば、ニュートラシューティカルの製品を買うことがオススメです。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手