【一人治療院集客メーケティング】ライバルが嫌がる小さなナンバーワンを取り続ける

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、ランチェスター戦略を知りたい方やランチェスター経営を治療院に取りれて、業績をアップさせたい方に向けに書いています。

 

どうも、清水(@shimizu)です。

 

【 VOL.17】ランチェスター戦略×治療院経営では、ライバルが嫌がる小さなナンバーワンを取り続けるについて解説していきます。

 

ランチェスターの戦略は、

 

 
・トレンドを取り入れる

・3点戦略思考

・特化して特価する

・刺さる特化

・接近戦

・局地戦

・一点集中主義

・陽動作戦/ゲリラ戦

・ポジション取り

・戦場選び

・一騎打ち

・一点突破全面展開

・包み込みの法則

 

これらの戦略があります。

 

ここで一つ明確にしておくことは、これらの戦略を使って、どこに着地するのか?

 

その着地点をお伝えしたと思います。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

2015年に整骨院を開業。

保険に頼らず、自費治療のみ。メニュ一も1つだけ。

15分8,000円の施術で”平均”月商250万円を達成。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

最終的に何を得るのか?

 

ランチェスター戦略が優れていることは、あなたも何となく理解していると思います。

 

しかし、戦略ばかりに目がいって、最終的に何を達成するのか忘れてしまっている人や、わからなくなっている人もいるのではないでしょうか?

 

戦略自体が目標になってはいけません。

 

戦略を使って目標を達成させるために戦略はあるのです。

 

で、ランチェスターの目標というのは、小さなナンバーワンを獲得することです。

 

これができていないとランチェスター戦略をしている意味があります。

 

小さなナンバーワンとは?

 

オフラインビジネスをしているのであれば、地域一番というジャンルのナンバーワンを手に入れる必要がります。

 

オンラインでは、ニッチキーワードやカテゴリー別ナンバーワンで小さな場所で一番を取ります。

 

最近では、プラットフォームでのナンバーワン、またはプラットフォーム内のカテゴリーでナンバーわワンをとることも良いです。

 

例えば、YouTubeの健康の腰痛のカテゴリーで1番になるとか、ストレットのカテゴリーでナンバーワンになるとかです。

 

またレビューの一番でも良いでしょう。

 

ここで勘違いして欲しくないのが、「日本一」や「業界ナンバーワン」という称号はいらないです。

 

これは大手が行う戦略です。

 

私達弱者は、小さなナンバーワンを手に入れます。

 

大手が小さすぎて入れない、小さなナンバーワンを探すのです。

 

ですので、決して目に見える形でナンバーワンを取らなくてもいいのです。

 

大切なことは、そのナンバーワンをあなたが取って、ライバルがどう思うか?です。

 

競合が、「うわーそれはずるいわ」と悔しがったり、羨ましがるのかどうかが重要です。

 

まとめ

 

ランチェスター戦略は、強者に対して、手強い弱者になるです。

 

自分だけのポジショニンではなく、相手から見自分の立ち位置を意識すること。

 

ランチェスターの目指す場所、目的を忘れないようにしてください。

 

それでは。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA