【ダイエットリバウンド】体の負担0%、リバウンド率0%のウエイトマネージメントダイエット

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、「薬は副作用があって怖い…。」「だいぶお腹や顔、足にお肉がついてきたな…。」痩せなければいけないけど、リバウンドしなくて、体に負担のかからないダイエットのやり方は無いかな?と悩んでいる方向けになります。

 

どうも、清水(@shimizu)です。

 

今日は、ウエイト・マネージメントプログラム21についてお話していきたと思います。

 

ウエイト・マネージメントとは、21日間行うダイエットプログラムです。

 

たった21日間で、わずか一食952円で、[太る]から[やせる]に体の設計図=遺伝子を書き換える世界一カンタンなダイエット方法です。

 

体型を変えるのではなくて、痩せやすい体質を作ることを目的としたダイエットプログラムです。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

治療家兼パーソナルトレーナー。

元プロサッカー選手の経験を活かし、人体の構造から根本的に改善するAS療法を開発。

体のお悩みを根本的に解決するミッションとして掲げ、多くのクライアントを改善に導いている。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

ウエイトマネジメントプログラムの特徴

 

ウエイトマネジメントプログラムを行うと【減るもの】は、

 

 
健康・・・体重&体脂肪が減る。

美容・・・シワ&タルミが減る

体型・・・ウエストが減る。

お金・・・食事&食費が減る。

性格・・・のん気&短気が減る。

仕事・・・泣き顔&深刻が減る。

恋愛・・・絶望&孤独が減る。

 

ウエイトマネジメントプログラムを行うと【増えるもの】は、

 

 
健康・・・筋肉量が増える。

美容・・・ハリ&ツヤが増える。

体型・・・バスト&ヒップが増える

お金・・・収入&資産が増える⁈

性格・・・やる気&根気が増える。

仕事・・・笑顔&真剣が増える。

恋愛・・・希望&出会いが増える。

 

ただ痩せるだけでは無い。

 

それがウエイトマネジメントプログラムなは、ただ痩せるだけでは無いダイエットなのです。

 

決して、メディアには流れない。本当の太る原因とやせる理由

 

太る原因とやせる理由は3つあります。

 

1つ目は、糖の吸収速度です。

 

糖の吸収速度が、速いと太るり、糖の吸収速度が、遅いとやせます。

 

2つ目は、カロリーの消費速度です。

 

カロリーの消費速度が、遅いと太り、カロリーの消費速度が、速いとやせます。

 

3つ目は、遺伝子の発現パターンです。

 

遺伝子の発現パターンが、脂肪の信号が青で太り、遺伝子の発現パターンが、脂肪の信号が赤でやせます。

 

「本当にこれだけで体が変わるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、この3つの変化を、行える真の体質改善こそが、「ウエイトマネージメントプログラム」なのです。

 

糖の吸収速度(GI値)

 

糖の吸収速度が、速いと太る。

 

糖の吸収速度が、遅いとやせる。

 

これは体質改善では重要なことです。

 

以下のイラストで例えると、

 

 

 
・道路→血管

・トラック→血液

 

になります。

 

トラック(血液)は糖を運びます。

 

トラックの速度が、速すぎると曲がりきれず、直進するしかありません。

 

糖は左折できず、直進するしか選択肢がなくなります。

 

トラックの速度は糖の吸収スピードです。

 

糖の吸収スピードが速い食事は太る。

 

糖の吸収スピードが遅いと痩せる。

 

となるわけです。

 

白米と玄米を同じカロリー(お茶碗一杯分)食べたとします。

 

しかし、GI値(糖の吸収スピード)が玄米の方が低いため玄米の方が太りにくくなっています。

 

カロリーを気にするよりもGI値を気にした方が痩せるということです。

 

こちらが低GI値食材になりますので、参考にしてください。

 

 

カロリーの消費速度

 

カロリーの消費速度が、遅いと太る。

 

カロリーの消費速度が、速いとやせます。

 

以下のイラストで例えると、

 

 

工場の中にいる

 

 
作業員の数→ビタミン

監視役の数→ミネラル

ベルトコンベアの本数→オメガ3系脂肪酸

 

それらの数によって生産量が変わります。

 

数が多く生産量が高いと、糖が余ることなく、エネルギーになります。

 

「工場の質=栄養素の状態」という事です。

 

栄養不足だと工場の質が低下します。

 

そうなると太る。

 

栄養不足=太ると言う式が成り立ちます。

 

逆に栄養バランス良く取れると工場の質は工場します。

 

工場の質が工場すればカロリーの消費スピードが上がるので痩せます。

 

栄養バランスが良い=痩せると言うことがわかります。

 

実は人は、カロリーの取りすぎや運動不足で太るわけではなく栄養不足で太るという事なのです。

 

必須ビタミン.ミネラル48種とオメガ3系脂肪酸をしっかり取れたら、カロリーの消費速度を速くする事ができて痩せるのです。

 

遺伝子の発現パターン

 

遺伝子の発現パターンが、脂肪の信号が青で太る。

 

遺伝子の発現パターンが、脂肪の信号が赤でやせることが出来ます。

 

以下のイラストで例えると、

 

 

左折。

 

ななめ。

 

直進。

 

に、それぞれ信号機がついてます。

 

 
・信号機→細胞

・発現パターン→遺伝子

 

遺伝子がタンパク質を作り出してくれていますので。

 

遺伝子異常=老化となります。

 

昔は食べても食べても太らなかったのが、今は少ししか食べてないのに太ってしまいませんか?

 

いったい何が変わってしまったのか?

 

それは、遺伝子が老化し、作るべきタンパク質を作れなくなってしまったことが原因なんです。

 

この事を、「体質が変わった」と言います。

 

それぞれの信号の青と赤の点滅を、逆にしてあげると、エネルギーと筋肉への道は開放され、老廃物の道も開放できます。

 

そして、脂肪への道は封鎖できるのです。

 

タンパク質と遺伝子について

 

遺伝子の発現パターンが難しい人もいるともうので、少し補足しておきますね。

 

美しさのために必要なタンパク質と蛋白質の違いは、口から入れる栄養素は「タンパク質」体の中で作られる栄養素は「蛋白質」です。

 

例えば、「昨日豚骨ラーメン食べたから今朝、私はブタになってる!ブヒ🐷」とはなりません。

 

なぜなら、口から入ったタンパク質は遺伝子の作用によって蛋白質に換わるからです。

 

「タンパク質」を「蛋白質」に変えること。

 

それが遺伝子の働きになります。

 

遺伝子が正しい蛋白質を正しい体の部位に正しいバランスで作り出すことを「遺伝子発現」といいます。

 

自分の肌表面や肌の内側にある細胞の中の遺伝子で自分の「蛋白質(コラーゲン・エラスチン)」などが創られることです。

 

ダイエットで言う正しい蛋白質とは、糖を代謝して、糖を分解してエネルギーに変える、アミラーゼ・グルコース、脂肪分解するリパーゼなどがあります。

 

正しいタンパク質を正しい蛋白質に変える。

 

ダイエットには遺伝子の働きが欠かせないのです。

 

遺伝子を若返らせる方法

 
①1日の摂取カロリーを1400㌍以下にする

②それを21日間以上継続する

③21日間以降に遺伝子の発現パターンが変化

④22日目以降、継続し続ける期間は、遺伝子は若返り続け痩せる遺伝子へ

 

「過酷な工程ですね…。これが出来たら苦労しないですよね。」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

 

ウエイトマネージメントプログラムは、食べながら飲みながらでも遺伝子の発現パターンを変えられるプログラムなのです。」

 

4日目以降から起こるのウエイトマネージメント奇跡⁈

 

まずは、下記の画像をご覧ください。

 

 

摂りすぎてしまった、炭水化物、タンパク質、脂質は、脂肪になります。

 

その時に、体の中にある大小2つのビーカーから、糖、アミノ酸、脂肪酸が、溢れだすと脂肪になります。

 

まずは、大きいビーカーが溢れだす。

 

次に、小さいビーカーが溢れだす。

 

大きいビーカーは、体を動かすもの。

 

小さいビーカーは、脳を動かすもの。

 

問題は、大きい方が先で、小さい方が後だということ。

 

だから、「お腹いっぱい!」と、満腹感(大きいビーカーが溢れて、小さいビーカーが溢れるまで)を得られるまでは、食べるまくってしまう。

 

けれど、あなたの体に起こる【4日目からの奇跡】とは、この順番が変わってしまうことです。

 

そうです。

 

小さいビーカーから溜まるようになるので、満腹感を感じやすくなるのです。

 

また大きいビーカーが溢れることはないので、脂肪がつくことはありません。

 

そんな夢のようなダイエットが、ウエイト・マネージメントプログラムなのです。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA