【一人治療院リピート集客】お客様ではなく同士を集める(集まる)

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、治療院、サロン経営で、集客が苦手、うまくいかない方向けに、現代に合ったお客様を集める方法を書いています。

 

どうも、清水(@shimizu)です。

 

経営していく中で、集客はかなり重要です。

 

人が集めるのが得意なら、ビジネスに困ることがないでしょう。

 

集客をする時に、ターゲットを決めると思います。

 

しかし、今の時代だと、ターゲットという概念では集客は難しいかもしれません。

 

その理由と解決方法をお伝えしていきます。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

2015年に整骨院を開業。

保険に頼らず、自費治療のみ。メニュ一も1つだけ。

15分8,000円の施術で”平均”月商250万円を達成。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

人のニーズなんて満たせない

 

ターゲットを設定すると、必ずターゲットの問題やニーズを書き出すと思います。

 

やっている人はわかると思いますが、ニーズを満たすものなんて、なかなか見つけられないと思います。

 

なぜ満たせないのかというと、現代の人のニーズは多様化しているからです。

 

あなたも経験があるかもしれませんが、お客様にアンケートやインタビューをしても、

 

「なぜこれを選んだのか?」

 

「買ったのか?」

 

「どこが良かったのか?」

 

をお客様自身がわかっていないです。

 

なんでうちに来ましたか?

 

例えば、

 

「なんでうちに来ました?」

 

という質問をすると、

 

「なんとく良さそうだから。」

 

「患者様の声がたくさん乗っていたから。」

 

「話しやすそうだから。」

 

と言います。

 

絶対本心じゃない

 

ぶっちゃけこれは本心じゃない。

 

これはみんなもわかっていると思います。

 

それであっています。

 

本心じゃない。

 

だって、お客様もわからないから。

 

誰もわからないです。

 

ではターゲッティングは、どうすればいいのか?

 

では、どうやってターゲッティングはすればいいのか?

 

コアで集めるんです。

 

お客様を集めるから、同士を集めるという概念に変えるんです。

 

自分の見せたいゴールを見せて、相手に共感してもらうこと。

 

ゴールの明確差やビジョンが大切です。

 

ただ腰痛を治すだけでは、同士は集まらないのです。

 

例えば

 

例えば、誰にも真似されない自分だけの治療院を作る。

 

周りのことは関係ない。

 

他人と争うことで、心も体もお金もすり減らし、他人を出し抜くことばかり考えている経営よりは、自分独自の道で、それに賛同してくれるお客様と楽しく経営する。

 

これが私の見せたいゴールです。

 

自分自身を商品化、職業化するんです。

 

あなたに仕事はなんですか?と言われたら、「俺」と答えるイメージです。

 

だから学びまくって、いろんな経験をして自分を高めていきくこが必要です。

 

自己成長があなたの売り上げに直結する感じです。

 

お金があっても時間があっても満たされないし、本当はみんなそこまで欲しくないでしょ。

 

でも自分を必要されている存在でずっといたいから、本当の意味でオリジナルの治療院を作ることが私のメッセージです。

 

治療家でいえば、ケンヤマモト先生はすごくわかりやすく心に響くメッセージですよね。

 

世界から腰痛を無くす。そのために日々腰痛の研究に明け暮れる。

 

信頼できる治療家のイメージですよね。

 

メッセージを考える

 

こんな感じで、相手に見せたいゴール、メッセージを作るんです。

 

それがコアになって、周りに人が引き寄せられるイメージです。

 

もちろんそのために情報発信はしないといけませんが、メッセージ性の無い情報を発信していると、他の情報と区別がつかないので、ぜひ同士を見つけるためのメッセージを作ってみてください。

 

それでは!

 

お客様ではなく同士を集める

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA