【一人治療院リピート集客】お客様を100%ファン化させる方法

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、治療院、サロン経営で、リピート率を上げたい人、ファン患者様を増やしたい方に、お客様を100%ファン化させる方法について書いています。

 

どうも、清水(@shimizu)です。

 

治療院を開業したてのことに悩んでいたいのが、リピーターが作れないことです。

 

初期の頃は、集客の導線作りに時間がかかる場合が多いです。

 

ですので、リピーターを作ることにフォーカスすると思います。

 

多くのコンサルタントがファンを増やせといっていますが、具体的にどうやればいいか言っていません。

 

今日は、具体的にどうやれば、お客様をファン化するのか?をお伝えしてこうと思います。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

2015年に整骨院を開業。

保険に頼らず、自費治療のみ。メニュ一も1つだけ。

15分8,000円の施術で”平均”月商250万円を達成。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

私がコンサルタントに言われたこと

 

私がコンサルタントに言われたことは、フローの話でした。

 

としては、新規顧客から、既存客、既存客からVIP顧客に教育してく。

 

特別な提案や特別な情報を与えることで、VIP顧客になる。

 

 

だけどこれで、ファン化できた試しがない。

 

私のやり方の問題かもしれないけど、特別な情報とは何だ?

 

そもそも情報で、VIP顧客になるのか?

 

という疑問がありました。

 

嘘つけ!

 

結論を言うと、嘘つけです。

 

今はそのやり方ではファンはできない。

 

情報を与えることも大事だけど、それは枝葉の部分で、幹ではないんです。

 

まずはファン化という概念の部分から変えていきます。

 

お客様ではなく、同士という概念を持つ

 

「お客様ではなく、同士という概念を持つ」ことです。

 

そもそもお客様という概念は終わりです。

 

お客様と施術者という区別をしていると、そこには見えない壁があります。

 

そこがファン化するのをブロックしています。

 

だから壁を取っ払う必要があります。

 

お客様と先生という関係の壁を。

 

同士とは?

 

同士とは、同じ方向を向いている状態です。

 

あの山に行きませんか?

 

川や谷の渡り方は、私は知っているので、あなたに全てお伝えします。

 

だから一緒に行きませんか?

 

という状態です。

 

どうしたら同じ方向を向いてくれるのか?

 

中には、同士を意識していますが、お客様がなかなか同じ方向を向いてくれないという悩みを抱えている人もいます。

 

なぜ同じ方向を向いてくれないのか?

 

それにはリーダーが必要です。

 

連れてってくれる人、ポジションをあなたが取らないといけません。

 

それは偉そうとか上に立つということでなく、あくまでもその場所には一度行ったことのある経験者としてのポジショニングが必要です。

 

例えば、、、

 

例えば私で言えば、

 

誰とも競争しない、自分だけの治療院を作ろうよ!

 

このポジションが確立できれば、周りと争うこともないよ。

 

だから心やお金、時間を消耗しなくて済むよ。

 

もしあなたが、「私だってできるなら自分だけの治療院を作って、差別化したい。」と思うなら、一緒に目指していきませんか?

 

あなたがそこにたどり着くための環境は、私が用意しています。

 

みたいな感じです。

 

こういうコミュニティというと、みんなで行こう、進もうとする傾向があるけど、コミュニティにはリーダーが必要です。

 

同じ足取りでは、コミュニティ化をする必要はないです。

 

どのコミュニティにもリーダーは必要です。

 

崇拝するようなリーダーではなく、引っ張ってくれるリーダーです。

 

神のポジションではなく、あくまでも2歩、3歩先を歩いているポジションです。

 

リーダーでなければ、障害物を避ける手段を伝えれならないのです。

 

どのコミュニティもそうですが、リーダーのいないコミュニティは必ず衰退します。

 

あなたにファンが少ない理由

 

まとめると、まずはゴールを見せて同士を集めてください。

 

既にリピーターになっている人は、あなたのことをリーダーだと思っています。

 

それに相応しい行動をとりましょう。

 

それでは!

 

お客様を100%ファン化させる方法

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手