頭痛は体質改善で変わる

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、頭痛に悩んでいる方、頭痛を薬以外の方法で改善したい方向けになります。

 

どうも、清水(@shimizu)です。

 

頭痛に悩まれている方は多いです。

 

当院にも頭痛のクライアントは多く来院されます。

 

頭痛は薬以外でも治す方法はあるので、それをお伝えしたと思います。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

治療家兼パーソナルトレーナー。

元プロサッカー選手の経験を活かし、人体の構造から根本的に改善するAS療法を開発。

体のお悩みを根本的に解決するミッションとして掲げ、多くのクライアントを改善に導いている。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

頭痛は体質改善で変わる

 

薬を使わずに頭痛を良くするのは、体質改善が不可欠です。

 

ですが、その前に体質改善できる頭痛とできない頭痛があることを覚えておいてください。

 

体質改善できる頭痛は、緊張型頭痛、片頭痛、群発性頭痛です。

 

体質改善できない頭痛は、頭部の外傷や脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍、骨髄炎などがあります。

 

脳の疾患からくる頭痛の場合は、体質改善をしている場合ではなく、緊急で病院に行ってください。

 

頭痛の嘘

 

頭痛になると病院や薬を飲むと思います。

 

病院では、「頭痛は病気であり、薬とうまく付き合っていくしかない」と
いうニュアンスで説明されると思います。

 

しかし、それは薬メーカーの陰謀です。

 

頭痛は良くなるものであり、一生悩むものではありません。

 

頭痛のメカニズムを知る

 

頭痛が起こるメカニズムは、よくわからないとされています。

 

しかし、頭痛が発生すると起こる症状のメカニズムはわかっています。

 

頭痛が発生する順番は、ミトコンドリアの活性不足によって、活性酸素と遊離脂肪酸が、脳血管内の血小板の凝集を誘発します。

 

血小板が凝集すると、セロトニンが血小板から放出され、血中のセロトニン濃度が変化し、血管の伸縮が起こります。(一時的に血管が縮
み、その後に拡張する)

 

その結果、自律神経が乱れ痛みを感じます。

 

簡単に説明するとこんな感じです。

 

ということは、活性酸素と遊離脂肪酸を出さないことが頭痛を改善する上では重要なことがわかると思います。

 

頭痛は遺伝なのか?

 

たまに頭痛は遺伝という人がいますが、ミトコンドリアの量や質は遺伝が
あります。

 

先ほどの説明だと、ミトコンドリの動きが良くないと活性酸素と遊離脂肪酸が出やすくなり、頭痛になりやすくなります。

 

ミトコンドリアの動きをよくするためにやること

 

簡単にいうと、ミトコンドリアの動きをよくすることで、頭痛になる確率を大幅に下げることができます。

 

ミトコンドリアの動きをよくするためには、コエンザイムQ10やビタミ
ンB12、マグネシウムなどが必要になります。

 

これらはサプリメントで摂取してもいいです。(ただしちゃんとしたものに限る)

 

食べ物では、コエンザイムQ10は、牛肉や豚肉のレバー、カツオやイワシ
などの青魚などに含まれます。

 

しかし、毎日必要な量を食物だけで摂るのは難しい栄養素です。

 

1日の摂取目安約60~100mgを摂るには、イワシなら12~20尾(1尾80g)も食べなければなりません。

 

ビタミンB12は、肝臓(レバー)、チーズ、卵黄、魚介類などの動物性の食品に含まれています。

 

マグネシウムは、アーモンドをはじめとする種実類、魚介類、藻類、野菜類、豆類などに多く含まれています。

 

ストレスや体の体質によって摂取量は変わってくる

 

よくどれくらいとればいいのか?と質問されますが、取れれば取れるだけが正しいでしょう。

 

栄養というのは、体の外部からのストレスによって無くなります。

 

例えば、朝にビタミンC10g摂取しても、ストレスの多い一日を過ごしたあとは、ほとんど残っていません。

 

ですので、その場合は、もう一度補給する必要があります。

 

特にマグネシウムは、現代人には不足していると言われています。

 

マグネシウムが不足すると、アルツハイマーやパーキンソン、動脈硬化、糖尿病、脳梗塞、ADHD、喘息、筋肉の痙攣、不整脈、尿路結石、高血圧などにもなりやすくなります。
 

頭痛も1つ1つ解読していくことで、治るヒントが隠されています。

 

ぜひ実践してみてください。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA